[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

ノーガード挑発から衝撃KO負け 米ボクシングの悲劇にファン失笑「これはおバカさん」

米ボクシングで衝撃KOが生まれた。テキサス州で19日(日本時間20日)に行われたヘビー級10回戦でフランク・サンチェス(米国)がジュリアン・フェルナンデス(メキシコ)に7回TKO勝ちした。フェルナンデスは強烈な右ストレートでダウンし、ロープの隙間をすり抜けてリング外に放り出される形で敗れたが、試合中は強気で再三挑発。実際の動画を米スポーツチャンネル「DAZNボクシング」公式インスタグラムが公開すると、米ファンから「これはおバカさんだ」と声が上がっている。

米ヘビー級で起きた挑発行為が話題を呼んでいる(画像は「DAZNボクシング」公式インスタグラムより)
米ヘビー級で起きた挑発行為が話題を呼んでいる(画像は「DAZNボクシング」公式インスタグラムより)

カネロ前座のヘビー級で挑発選手がKO負け、米ファン「この後やられた(笑)」

 米ボクシングで衝撃KOが生まれた。テキサス州で19日(日本時間20日)に行われたヘビー級10回戦でフランク・サンチェス(米国)がジュリアン・フェルナンデス(メキシコ)に7回TKO勝ちした。フェルナンデスは強烈な右ストレートでダウンし、ロープの隙間をすり抜けてリング外に放り出される形で敗れたが、試合中は強気で再三挑発。実際の動画を米スポーツチャンネル「DAZNボクシング」公式インスタグラムが公開すると、米ファンから「これはおバカさんだ」と声が上がっている。

【PR】日本くじ史上最高額! 1等最高12億円の「MEGA BIG」でくじを楽しみながら日本のスポーツを盛り上げよう

 こんなことしなければよかったのに。強烈な右を被弾したフェルナンデス。ロープに追い詰められると、追撃の連打を受けて大ピンチだ。しかし、ここからまさかの行動に出た。右拳で“来い、来い”と相手を挑発し始めたのだ。相手が打ってきたらガードを固める。パンチが止まると、ノーガードで顔を前に突き出した。何やら言葉を浴びせながら、ここに打ってこいと言わんばかりに自分の顔を叩いている。

 相手のパンチに対し、スウェーバックで被弾を免れているようにも見える。だが、決着は衝撃的だった。7回、コーナー付近に追い込まれると、強烈なストレートが顔面に被弾。ワンツーで圧力をかけられた次の瞬間だ。気を失いかけたのか、崩れ落ちるようにロープにもたれ、仰向けのまま隙間をすり抜けた。完全にロープ外に体が飛び出し、リングに上がる階段部分に倒れ込んだ。

 このままTKO負けとなった。「DAZNボクシング」公式インスタグラムは「フェルナンデスが完全にロッキーに」と動画を公開。映画「ロッキー」のワンシーンに似ていたようで、息巻いた挑発からの敗北に米ファンからは「ロッキーはKOされなかったけどね」「この後やられた(笑)」「そして…KO負け」「KOされるまではね」「これはおバカさんだ」「気合はあるね」と呆れた様子のコメントが相次いでいる。

 キューバ出身の28歳サンチェスはこれでデビュー以来18戦17勝(13KO)1無効試合。カネロことサウル・アルバレス(メキシコ)の前座で行われた一戦で注目を浴びていた。

1 2 3
インハイTV
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」はプロ野球ライブ中継&見逃し配信
NIPPONを走ろう。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集