[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

五郎丸歩が引退発表会見「1シーズンしか戦う気力残ってない」 引退後は「全くの白紙」

ラグビー元日本代表FBの五郎丸歩(ヤマハ発動機)が16日、引退発表会見で胸の内を語った。来年1月16日からスタートするトップリーグが現役最後のシーズン。2015年のワールドカップ(W杯)イングランド大会などで活躍した34歳は「私には1シーズンしか戦う気力、体力共に残っておりません」などと話した。引退後は「全くの白紙」と説明。現役最終シーズンへ向けて決意を語った。

五郎丸歩【写真:荒川祐史】
五郎丸歩【写真:荒川祐史】

来年1月開幕のトップリーグが現役ラスト「契約した時から35歳に引退と決意」

 ラグビー元日本代表FBの五郎丸歩(ヤマハ発動機)が16日、引退発表会見で胸の内を語った。来年1月16日からスタートするトップリーグが現役最後のシーズン。2015年のワールドカップ(W杯)イングランド大会などで活躍した34歳は「私には1シーズンしか戦う気力、体力共に残っておりません」などと話した。引退後は「全くの白紙」と説明。現役最終シーズンへ向けて決意を語った。

【PR】日本くじ史上最高額! 1等最高12億円の「MEGA BIG」でくじを楽しみながら日本のスポーツを盛り上げよう

 動画配信サイト「YouTube」でもライブ配信された会見。黒のスーツ姿で登場した五郎丸は、神妙な表情で「私、五郎丸歩は、2021年1月に開幕するトップリーグを最後に、現役を引退する決意をいたしました。私には1シーズンしか戦う気力、体力共に残っておりません。支えてくださった皆様には感謝の気持ちでいっぱいです。残り1シーズン、皆様への感謝の思いを胸に秘め、強い思いで戦っていきたいと思います」と語った。

 引退の理由については、ヤマハ発動機と契約した22歳の頃を振り返り「契約をした時から、35歳という年を迎えるときに引退しようという決意を持ったのが大きな理由の一つです」と説明。「この日が来るということは自分の中でも決まっていたように思います。長いスパンで引退という日を迎えることになったということです」と語った。

 五郎丸は佐賀工から早大に進学。05年4月に大学生ながら日本代表に初選出された。一躍有名になったのはW杯イングランド大会。南アフリカを破った“ブライトンの奇跡”では正確なキックで24得点。キックを蹴る前に体の中央で両手を合わせる独特のルーティーンが大流行した。

「2015年W杯の期間中、期間後、多くの方にラグビーというものを知っていただき、応援していただいた。ファンの方々が長くラグビーを応援していただいたおかげで、2019年のW杯日本大会が大成功に終わったと感じています」

 イングランド大会後はスーパーラグビーのレッズや、フランスのRCトゥーロンにも所属。日本を代表するラガーマンとなった。現役ラストシーズン、1月16日の開幕戦はノエビアスタジアムで神戸製鋼と戦う。

 引退後のことについては「全くの白紙」と語った。「私の性格としても、2つ同時に考えられるような器用な人間ではない。不器用ですが、1つ1つのことを積み上げてきた。これまで支えてくださったすべての方々に感謝の気持ちを持ち、私に残されたラスト1シーズンを全力で戦っていきたいと思う」と最終シーズンへ決意を語った。

(THE ANSWER編集部)

「DAZN」はプロ野球ライブ中継&見逃し配信

インハイTV
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」はプロ野球ライブ中継&見逃し配信
NIPPONを走ろう。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集