[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

16戦連続1回KO男、平均決着タイムは「1分35秒」と米記者紹介「恐怖、野獣…凄い!」

米ラスべガスで12日(日本時間13日)に行われたボクシングのスーパーミドル級8回戦でWBA世界同級6位エドガー・ベルランガ(米国)がウリセス・シエラ(米国)を1回2分40秒TKO勝ち。デビューから16戦連続1回KOという離れ業をやってのけた。初回から3度のダウンを奪い、滅多打ちにした決着シーンを米興行大手・トップランク社も動画付きで速報。話題を集めていたが、今後についてはカネロこと、サウル・アルバレス(メキシコ)を大目標に飛躍を目指すという。

16戦連続1回KO勝ちを収めたエドガー・ベルランガ(右)【写真:Mikey Williams/Top Rank via Getty Images.】
16戦連続1回KO勝ちを収めたエドガー・ベルランガ(右)【写真:Mikey Williams/Top Rank via Getty Images.】

圧巻KOのベルランガ、今後の大目標はカネロ…陣営「22年終盤に戦うだろう」

 米ラスべガスで12日(日本時間13日)に行われたボクシングのスーパーミドル級8回戦でWBA世界同級6位エドガー・ベルランガ(米国)がウリセス・シエラ(米国)を1回2分40秒TKO勝ち。デビューから16戦連続1回KOという離れ業をやってのけた。初回から3度のダウンを奪い、滅多打ちにした決着シーンを米興行大手・トップランク社も動画付きで速報。話題を集めていたが、今後についてはカネロこと、サウル・アルバレス(メキシコ)を大目標に飛躍を目指すという。

【注目】新天地で活躍中! 久保建英の見事な守備からヘタフェが開始20秒で先制する動画はこちら

 今回は160秒で試合を終わらせた。ゴングが鳴った直後から積極的に前に出るベルランガ。連打からあっという間にダウンを奪い、さらにロープダウンを奪った。滅多打ちの攻勢をかけ、最後は左フックの3度目のダウン。足が止まっていたシエラは膝から崩れ落ち、審判はすぐさま試合を止めてTKOとなった。

 ベルランガのデビューから続く初回KO勝ちは16に。試合を主催した米トップランク社は公式ツイッターに決着シーンを動画付きで速報。「OK、最高のものは出尽くした。光線は続く。再び。徹底的に、そしてシンプルに」と表現した上で「第1ラウンド3度目のダウンでエドガー・ベルランガが16勝0敗。16戦連続の第1ラウンドKO」と記録を紹介した。

 これでアリ・レイミ(イエメン)の持つ「21」という初回KOの世界記録にあと「5」に迫ったベルランガ。驚きの記録を伝えているのは、米スポーツ専門局「ESPN」のラジオ番組でホストを務めるラリー・クルーガー氏だ。自身のツイッターで「恐怖だ。エドガー・ベルランガは野獣だ。ベルランガはデビューからの16試合で全試合初回KOを続けている。凄い! ミドル級が誇るパワーの持ち主だ。まるで映画の世界の選手のよう」と絶賛した。

 その上で「彼は平均1分35秒で試合を終わらせてしまう」と16試合の平均決着タイムを紹介している。そうなると、今回の2分40秒は“普通”からすると時間を要してしまったことになるから驚きだ。

 また、米スポーツ専門メディア「ジ・アスレチック」のマイク・コッピンガー記者は今後について、ベルランガのマネージャー、ケイス・コノリー氏が語ったコメントを紹介。「エドガーはスーパースター。単純明白だ。2021年彼はステップアップし、2022年終盤にはカネロと戦うだろう。それはボクシング界最大のファイトになる」と話したという。

 来年はさらにキャリアを積み、2022年に目標とするのはパウンド・フォー・パウンド(PFP)1位にランクされるカネロ。まだ底を見せていない23歳の逸材が順調に成長を見せれば、PFPを賑わせる存在になるかもしれない。

(THE ANSWER編集部)

「DAZN」はプロ野球ライブ中継&見逃し配信

インハイTV
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」はプロ野球ライブ中継&見逃し配信
NIPPONを走ろう。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集