[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

タイソン、54歳の復帰戦に興奮 米識者から高評価続々「予想よりも競争的だった」

ボクシングの元世界3団体ヘビー級統一王者マイク・タイソン氏は28日(日本時間29日)、米ロサンゼルスのステープルズセンターで元世界4階級制覇王者ロイ・ジョーンズJr.氏(ともに米国)とエキシビションマッチを行った。2005年6月11日以来、5649日ぶりのリング復帰を飾り、結果は引き分けだった。元王者、現地記者らは注目の一戦をどう見たのだろうか。

エキシビションマッチを行ったロイ・ジョーンズJr.氏(左)とマイク・タイソン氏(右)【写真:AP】
エキシビションマッチを行ったロイ・ジョーンズJr.氏(左)とマイク・タイソン氏(右)【写真:AP】

フォアマンは「今まで見た中で最高のエキシビション」と絶賛

 ボクシングの元世界3団体ヘビー級統一王者マイク・タイソン氏は28日(日本時間29日)、米ロサンゼルスのステープルズセンターで元世界4階級制覇王者ロイ・ジョーンズJr.氏(ともに米国)とエキシビションマッチを行った。2005年6月11日以来、5649日ぶりのリング復帰を飾り、結果は引き分けだった。元王者、現地記者らは注目の一戦をどう見たのだろうか。

【注目】新天地で活躍中! 久保建英の見事な守備からヘタフェが開始20秒で先制する動画はこちら

 15年ぶりに帰ってきた54歳のタイソンが見る者を楽しませた。3歳年下でブランクも短いジョーンズJr.に猛攻。現役時代を彷彿とさせる黒のトランクスで序盤から積極的にプレッシャーをかけた。ウィービングしながら距離を詰めて豊富な手数を繰り出した。2回以降もタイソンは積極的に踏み込み、緊迫感のある攻防が続いた。

 時折鋭いボディーを放つタイソン。嫌がるジョーンズJr.がクリンチで逃げた。元4階級王者の攻撃が単発な一方で、タイソンは54歳とは思えないくらい、最後まで攻勢の手を緩めることなかった。参考としてWBCが認定した元王者3人によるリモート採点の結果、ドローだった。

 戦前から大きな盛り上がりを見せたレジェンド対決。五輪金メダリストで元世界ヘビー級統一王者ジョージ・フォアマン氏(米国)はツイッターで「今まで見た中で最高のエキシビション」と絶賛した。

 2人合わせて105歳。米スポーツ専門局「ESPN」のダン・ラファエル記者もツイッターで「見ていて楽しかった」と評価し、同局のキャメロン・ウルフ記者も「仕事だから採点します。79-73でマイク・タイソン。50歳過ぎのレジェンド同士の試合でも、予想よりも競争的だった」とツイート。タイソンの勝利とした上で、試合自体はエキサイティングだったと感じているようだ。

 米スポーツ専門局「FOXスポーツ」の名物コメンテーター、スキップ・ベイレス氏は「タイソンは今『人道主義者』。しかし表面下に潜み、かろうじて封じられている最凶の男をいまだ感じることができるだろう」とツイッターにつづり、怪物タイソンの闘争心を認めているようだ。

(THE ANSWER編集部)

「DAZN」はプロ野球ライブ中継&見逃し配信

インハイTV
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」はプロ野球ライブ中継&見逃し配信
NIPPONを走ろう。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集