[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

ウッズ「ゴルフは時にひどく孤独なもの」 池ポチャ3つ、悪夢の1ホール10打にも達観

米男子プロゴルフ(PGA)ツアーのメジャー第3戦・マスターズが15日(日本時間16日)、米ジョージア州オーガスタナショナルGC(7475ヤード、パー72)で最終日が行われた。昨年覇者のタイガー・ウッズ(米国)は、12番で3度もクリークに入れるなどまさかの1ホール10打を記録。本人は「ゴルフは時にひどく孤独なものだ」などと語ったようだ。海外メディアが報じている。

タイガー・ウッズ【写真:AP】
タイガー・ウッズ【写真:AP】

マスターズ最終日、12番でまさかの10打にも「みんなそういう経験をしてきた」

 米男子プロゴルフ(PGA)ツアーのメジャー第3戦・マスターズが15日(日本時間16日)、米ジョージア州オーガスタナショナルGC(7475ヤード、パー72)で最終日が行われた。昨年覇者のタイガー・ウッズ(米国)は、12番で3度もクリークに入れるなどまさかの1ホール10打を記録。本人は「ゴルフは時にひどく孤独なものだ」などと語ったようだ。海外メディアが報じている。

【注目】ママアスリートの先駆者、クレー射撃・中山由起枝が変えたい日本社会の理解度

 百戦錬磨の男を悪夢が襲った。ウッズがつまずいたのは12番パー3だ。ティーショット、ドロップ後の3打目と連続でクリークに打ち込み、5打目はグリーン奥のバンカーへ。難しい体勢からピンを狙うも、大きくオーバーしてしまい、このホール3度目の“池ポチャ”。これにはウッズもうつむき加減で膝に手をつくしかなかった。

 実際の動画を米スポーツ専門局「CBSスポーツ」がツイッターで公開したほか、カナダ公共放送「CBC」は「タイガー・ウッズが12番パー3で3度の池ポチャ含め10打」と見出しを打って記事を掲載。7つスコアを落としたまさかの「セプタプルボギー」について語るウッズの言葉を伝えている。

 ウッズは「このスポーツは、時にひどく孤独なものだ」「誰もマウンドに来て交代を告げたりしない。戦い抜かなければいけないんだ」と達観したコメント。「ただ切り替えて、次のショットで答えを見出すだけ。そして、ラウンドを終えるまでにそれができた」と話した通り、続く13番でバーディーを奪取。15番からは4連続バーディーを記録し、通算1アンダーの38位で大会を終えた。

 最終日のスコアは76。同局によると、ウッズが19歳でアマチュアだった95年、3日目に記録したマスターズでの最低スコア77に並ぶところだったという。ウッズは「それこそがゴルフをユニークたらしめ、精神的にとても難しくするもの」「我々はみんなそういう経験をしてきた。残念ながらね。不運にも、自分もそんな経験をしてきたんだ」と語ったという。

1 2
インハイTV
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」はプロ野球ライブ中継&見逃し配信
NIPPONを走ろう。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集