[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

英プレミアでゴール取り消し “腕オフサイド”のVARに非難殺到「冗談としか思えない」

海外サッカー、イングランド1部プレミアリーグでまたVARによるオフサイド判定が非難の的になっている。現地時間7日に行われたクリスタルパレス―リーズの一戦でリーズのゴールがVARによるオフサイド判定で取り消されたが、出ていたのは腕の部分だけ。実際の画像を英メディアが公開すると、現地ファンからは厳しい指摘が殺到している。

リーズのパトリック・バンフォードのゴールがオフサイド判定で取り消しとなった【写真:Getty Images】
リーズのパトリック・バンフォードのゴールがオフサイド判定で取り消しとなった【写真:Getty Images】

リーズのゴールが取り消し、画像公開の英メディアも「とんでもない判定だ」

 海外サッカー、イングランド1部プレミアリーグでまたVARによるオフサイド判定が非難の的になっている。現地時間7日に行われたクリスタルパレス―リーズの一戦でリーズのゴールがVARによるオフサイド判定で取り消されたが、出ていたのは腕の部分だけ。実際の画像を英メディアが公開すると、現地ファンからは厳しい指摘が殺到している。

【注目】内田篤人が語る久保建英 「DAZN」番組未公開シーン公開「自分の覚悟は欲しい」

 問題の場面は前半17分、1点を追うリーズは相手の裏をとったFWバンフォードがゴールネットを揺らした。同点かと思われたが、VARが介入し、ゴールが取り消された。パスを要求した際に掲げた左腕がオフサイドと判断されたのだ。

 腕を掲げていなければオフサイドではなかったのだろうか……なんとも微妙な判定だったが、実際の画像を英ラジオ局「トークスポーツ」公式ツイッターが公開。「バンフォードがボールを要求して手を挙げると……VARが彼を罰した。とんでもない判定だ」と添えると、現地ファンからはブーイングが噴出している。

「オフサイドルールを理解していない人がいるみたい」
「フットボールを破滅させる」
「彼の腕はオフサイドの位置だけど、腕でシュートを決めることはできないし、この腕がゴールのアドバンテージになることもない」
「信じられない」
「完全に馬鹿げている」
「困惑」
「ありえない」
「てんやわんや」
「フットボールは死んだ」
「VARは役立たず」
「冗談としか思えない判定」
「腕でゴールできないでしょ。冗談じゃない!」
「狂ってる。審判団は解雇で」

 結果ゴールが認められなかったリーズはその後立て続けに失点。1-4で敗れている。

1 2
インハイTV
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」はプロ野球ライブ中継&見逃し配信
NIPPONを走ろう。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集