[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

1日6食、7000kcal摂取の怪力男 “太すぎる二の腕”に英驚愕「まるで貯蔵タンク」

格闘技が賑わいを見せる中、デッドリフトの前世界記録保持者で「世界最強の男」コンテストの優勝経験を持つエディー・ホール(英国)が自身のインスタグラムを更新。トレーニングの合間に至近距離で撮った“太すぎる二の腕”の画像を公開すると、英ファンから「太さどうなってるんだ」「まるで貯蔵タンク」などと驚きの声が寄せられている。

エディー・ホール【写真:Getty Images】
エディー・ホール【写真:Getty Images】

デッドリフト前世界記録保持者の衝撃的な上腕二頭筋とは…

 格闘技が賑わいを見せる中、デッドリフトの前世界記録保持者で「世界最強の男」コンテストの優勝経験を持つエディー・ホール(英国)が自身のインスタグラムを更新。トレーニングの合間に至近距離で撮った“太すぎる二の腕”の画像を公開すると、英ファンから「太さどうなってるんだ」「まるで貯蔵タンク」などと驚きの声が寄せられている。

【注目】ママアスリートの先駆者、クレー射撃・中山由起枝が変えたい日本社会の理解度

 信じ難いパワーはこの体が生んでいる。ホールは上半身裸で金色のグラブを装着。ボクシングの練習中に水分補給をしているようだが、カメラが目前にとらえた二の腕は実に太い。直径は顔より大きく、日本人の一般女性の胴回りより大きいのではないか、と思わせるほど。こんな腕で殴られたら……と考えただけでも恐ろしい。

 ホールは実際の画像をインスタグラムで公開。文面では飲み物の宣伝をしているようだが、英ファンからは驚愕する様子にコメントが殺到。「写真からは水分が足りているようには見えない」「モンスターかよ」「まるで水の貯蔵タンク」「風呂くらいデカい胴体」「腕の太さどうなっているんだよ」「野獣だ」「邪悪なタトゥーだ」などと反響が寄せられている。

 ホールはデッドリフト500キロという驚異の世界記録を保持していたが、5月に501キロを挙げたハフソー・ビョルンソンに記録を塗り替えられた。最近では、1日6食の高カロリーな食事で計7000キロカロリーを摂取していると海外メディアに報じられていた怪力男。190センチ、186キロという規格外のサイズを有しているらしいが、再びNo.1を証明できるのだろうか。

1 2
インハイTV
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」はプロ野球ライブ中継&見逃し配信
NIPPONを走ろう。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集