[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

カーショー、PO歴代トップの207K 記録作った浮き上がる直球に米感嘆「エグイなぁ」

米大リーグは25日(日本時間26日)、ワールドシリーズ第5戦が行われ、ドジャースが4-2でレイズに勝利。通算成績を3勝2敗とし、世界一に王手をかけた。先発したクレイトン・カーショーは6回途中6奪三振2失点と好投。プレーオフ(PO)の通算奪三振を207とし、ジャスティン・バーランダー(アストロズ)の205を抜いて歴代トップに立った。ドジャースはバーランダー超えを果たした奪三振シーンを動画付きで公開。米ファンからは称賛が集まっている。

ドジャースのクレイトン・カーショー【写真:AP】
ドジャースのクレイトン・カーショー【写真:AP】

6回途中2失点好投でチームはWS制覇に王手

 米大リーグは25日(日本時間26日)、ワールドシリーズ第5戦が行われ、ドジャースが4-2でレイズに勝利。通算成績を3勝2敗とし、世界一に王手をかけた。先発したクレイトン・カーショーは6回途中6奪三振2失点と好投。プレーオフ(PO)の通算奪三振を207とし、ジャスティン・バーランダー(アストロズ)の205を抜いて歴代トップに立った。ドジャースはバーランダー超えを果たした奪三振シーンを動画付きで公開。米ファンからは称賛が集まっている。

【注目】ママアスリートの先駆者、クレー射撃・中山由起枝が変えたい日本社会の理解度

 唸るようなストレートを投げ込んだ。2点リードの5回無死、キーアマイヤーを1-2と追い込んでからの4球目だ。左打者の胸元へとホップしてくるような90マイル(約145キロ)のファストボールに、キーアマイヤーのバットは空を切る。

 これがポストシーズンでは通算206個目の奪三振。バーランダーを超え、歴代トップに立った瞬間だ。ドジャースの公式ツイッターは稀代のサウスポーが記録を打ち立てたシーンに「この206個目の奪三振で、カーショーはポストシーズン史上最多の奪三振数を記録した」と添えて動画付きで公開。ドジャースファンからは称賛が送らている。

「素晴らしい業績だ」
「史上最強の投手だ!」
「これこそ我がエース」
「これはまだ通過点!」
「確実に殿堂入りする投手」
「さあこの男にリングを」
「エグいなぁ」
「おめでとう、カーショー」

 この試合がポストシーズン30試合目の登板。ポストシーズンに弱い男と言われることもあったが、力投でチームをワールドシリーズ王手に導いた。32歳が歓喜を味わうシーンが目前に迫っている。

1 2
インハイTV
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」はプロ野球ライブ中継&見逃し配信
NIPPONを走ろう。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集