[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

比嘉大吾、53.4kgで前日計量パス 再起2戦目はバンタム級、世界王座返り咲きへ

ボクシングの元WBC世界フライ級王者・比嘉大吾(Ambition)が25日、東京・後楽園ホールで行われるバンタム級(53.5キロ以下)ノンタイトル10回戦の前日計量に臨み、53.4キロでパスした。相手の堤聖也(角海老宝石)は53.3キロ。世界戦で犯した体重超過の王座剥奪から再起2戦目の準備が整った。比嘉の戦績は16勝(16KO)1敗、堤は5勝(4KO)1分け。

比嘉大吾(撮影は2月)【写真:浜田洋平】
比嘉大吾(撮影は2月)【写真:浜田洋平】

比嘉大吾が8か月ぶりリングへ

 ボクシングの元WBC世界フライ級王者・比嘉大吾(Ambition)が25日、東京・後楽園ホールで行われるバンタム級(53.5キロ以下)ノンタイトル10回戦の前日計量に臨み、53.4キロでパスした。相手の堤聖也(角海老宝石)は53.3キロ。世界戦で犯した体重超過の王座剥奪から再起2戦目の準備が整った。比嘉の戦績は16勝(16KO)1敗、堤は5勝(4KO)1分け。

【注目】ママアスリートの先駆者、クレー射撃・中山由起枝が変えたい日本社会の理解度

 比嘉は2018年4月にWBC世界フライ王座3度目の防衛戦の前日計量で、リミット50.8キロを0.9キロ上回る体重超過を犯して王座剥奪。試合は行われ、同級2位クリストファー・ロサレス(ニカラグア)に9回TKO負けした。デビューから続いていた日本記録タイの15戦連続KO勝利もストップ。体重超過は国内の世界戦では日本人初となり、日本ボクシングコミッション(JBC)からボクサーライセンスの無期限停止などの処分を受けた。

 一度は引退を考えたが、階級を上げることなどを条件として昨年10月にJBCの処分が解除された。今年2月には1年10か月ぶりに再起戦のリングに上がり、スーパーバンタム級(55.3キロ)に相当する119ポンド(53・98キロ)契約8回戦でフィリピン人選手に6回2分25秒TKO勝ち。6月にWBO世界スーパーフライ級王者・井岡一翔と同じジムに移籍した。

 24歳の堤は1月のバンタム級トーナメントで準優勝しており、アマ時代は比嘉が2戦2敗。比嘉は今後の主戦場とするバンタム級の世界ランクでWBC8位、WBA9位としている。25歳が迎える8か月ぶりのリングに注目が集まる。

(THE ANSWER編集部)

「DAZN」はプロ野球ライブ中継&見逃し配信

インハイTV
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」はプロ野球ライブ中継&見逃し配信
NIPPONを走ろう。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集