[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

  • HOME
  • ニュース
  • 親の七光りとは言わせない― 217cm長身センターが話題「2018年最大の注目株」

親の七光りとは言わせない― 217cm長身センターが話題「2018年最大の注目株」

米バスケットボール界で注目を集めている選手がいる。身長231センチの長身を誇り、世界最高峰のバスケットボールリーグ、NBAで10年間プレーしたビッグセンターの息子が大学バスケ入り。米メディアは「2018年における最大の注目株」と期待を寄せている。

NBAで10年間プレーしたマヌート・ボルの息子ボル・ボルがオレゴン大へ進学

 米バスケットボール界で注目を集めている選手がいる。身長231センチの長身を誇り、世界最高峰のバスケットボールリーグ、NBAで10年間プレーしたビッグセンターの息子が大学バスケ入り。米メディアは「2018年における最大の注目株」と期待を寄せている。

 オレゴン大への進学を決め、2018年のNBAドラフト候補生として期待されるのがメイターデイ高校のボル・ボルだ。

 ボルの父親は、NBA史上最高身長の231センチを誇り、驚異的な手足の長さを生かしたブロックを武器に、ワシントン・ブレッツ(現ウィザーズ)やゴールデンステイト・ウォリアーズなどで10年間プレーしたマヌート・ボルだ。息子ボルは守備職人だった父親ほどのサイズはないが、18歳にしてすでに身長217センチに到達。鋭いスピンターンやレッグスルーダンクを繰り出すなど機動力とテクニックを兼備し、フィニッシャーとしても高い能力を秘めている。

 そんな有望株の元には、大学バスケ界の名門ケンタッキー大やデューク大もアプローチしていたというが、初代NCAAトーナメント王者の古豪オレゴン大への進学が発表された。米放送局「NBC」によれば、ヘッドコーチを務めるダナ・オルトマン氏は「ボル・ボルが我々の一員となることにワクワクしている。彼は格別なプレーヤーだ。特別なバスケットボールの歴史を歩み、家族に偉大なバスケットボールの家族がいる」と歓迎しているという。

1 2 3
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
SPORTS JAPAN GATHER: スポーツメディア ギャザー