[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

羽生結弦は「比類なき存在」 コーチが信じる復活プラン「4回転ルッツさえ不必要」

右足の負傷により、戦列を離れることになったフィギュアスケートの羽生結弦(ANA)。「関節外側靱帯損傷」と発表された怪我の具合、連覇がかかる平昌五輪への影響など心配されているが、コーチのブライアン・オーサー氏は米メディアのインタビューに応じ、羽生について言及。「ユヅは比類なき存在であると信じている」と語り、今季から取り入れている4回転ルッツなしでも勝負できるなどと復活プランの見解を明かしている。

オーサー氏が現状と今後に見解…4回転ルッツなしでも勝負可能「他の全てが高い領域にある」

 右足の負傷により、戦列を離れることになったフィギュアスケートの羽生結弦(ANA)。「関節外側靱帯損傷」と発表された怪我の具合、連覇がかかる平昌五輪への影響など心配されているが、コーチのブライアン・オーサー氏は米メディアのインタビューに応じ、羽生について言及。「ユヅは比類なき存在であると信じている」と語り、今季から取り入れている4回転ルッツなしでも勝負できるなどと復活プランの見解を明かしている。

 王者の現状と未来について、恩師が口を開いた。オーサー氏は米スケート専門メディア「icenetwork」のインタビューに応え、教え子のハビエル・フェルナンデス(スペイン)とともに羽生について語った。

 まず、「何か新しいニュースはあるか」と問われたオーサー氏は、このように回答した。

「ご存知の通り、ユヅは足首を捻挫した。ひねったわけだが、骨折までには至らなかった。私が聞いた範囲では、彼が氷上に帰ってくるまでにあと10日といったところだ。すぐにトロントに戻るはずさ。我々はゆっくり再スタートを切り、再編成を組まなければならない」

 羽生は前週のグランプリ(GP)シリーズ第4戦NHK杯の前日練習中に右足を負傷し、大会を欠場。連覇がかかっている平昌五輪への影響が心配されていた。再び、氷に乗れるのは「10日間」を目安とし、氷上での練習再開は来週に入ってからとなりそうだ。

1 2 3
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集