[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

「これほど曲がる球見たことない」 バックドアシンカーに米驚愕「どう投げてるの?」

米大リーグ、カブスのカイル・ヘンドリックス投手が、9月30日(日本時間1日)のマーリンズとのワイルドカードシリーズ第1戦に先発。ピンポン玉のように超変化する1球が注目を浴びている。MLBが実際の動画を公開すると、「これほど外から中に曲がる球は見たいことない」「どうやって投げてるの」などと驚きが広がっている。

カイル・ヘンドリックスの投じたシンカーに驚きの声が挙がっている【写真:AP】
カイル・ヘンドリックスの投じたシンカーに驚きの声が挙がっている【写真:AP】

カブス、ヘンドリックスのピンポン玉のように超変化するシンカーにMLBが脚光

 米大リーグ、カブスのカイル・ヘンドリックス投手が、9月30日(日本時間1日)のマーリンズとのワイルドカードシリーズ第1戦に先発。ピンポン玉のように超変化する1球が注目を浴びている。MLBが実際の動画を公開すると、「これほど外から中に曲がる球は見たいことない」「どうやって投げてるの」などと驚きが広がっている。

【注目】「大人の私も受けたい」とネット話題 誰でも観られる「オンラインエール授業」はこちらから(過去のアーカイブ動画も視聴可能)

 まるでボールが意思を持ったかのように急激に変化した。2回無死、4番アンダーソンに対してのカウント2-2からの5球目だ。外角のボールゾーンからベース付近で一気に曲がった。シュートの軌道で、真ん中低めのストライクゾーンへ。バッターは手が出ない。見事なバックドアだった。

 MLB公式によると、88.3マイル(約142キロ)のシンカー。公式ツイッターでは「ザ・ムーブメント(この動き)」と記して動画付きで公開すると、超変化ぶりに米ファンからは驚きの声が上がっている。

「右投げでこれほど外から中に曲がる球は見たいことない」
「マーリンズのファンだけどナイスピッチング」
「エグイ」
「どうやって投げてるの」
「Wowどうやってバットに当てればいいんだ」
「ストライク盗りの芸術だ」
「変化球は魔法だ」
「キャッチャー、ナイス」

 しかし7回に逆転を許し1-5で敗れたカブス。ヘンドリックスは7回途中3失点で敗戦投手となった。後がなくなった第2戦にはダルビッシュ有投手が先発。望みをつなげるか。快投への期待が集まる。

1 2
インハイTV
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」はプロ野球ライブ中継&見逃し配信
NIPPONを走ろう。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集