[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

全仏OP、独選手の“2バン打ち”にレジェンド辛辣「私たちは自己申告した。恥だわ」

テニスの4大大会・全仏オープンは現地時間29日、女子シングルス1回戦で世界ランク66位ラウラ・シグムンド(ドイツ)が同44位のクリスティナ・ムラデノビッチ(フランス)にストレート勝ちを収めたが、第1セットに物議を醸す場面があった。シグムンドが自陣内で2度バウンドしたにも関わずリターンしたショットが認められポイントに。実際のシーンを米メディアが動画付きで公開。海外ファンからは賛否が上がっていたが、女子のレジェンドは「私たちは自己申告した。恥だわ」と辛辣に指摘している。

物議を醸す判定がありながら全仏1回戦を突破したラウラ・シグムンド【写真:AP】
物議を醸す判定がありながら全仏1回戦を突破したラウラ・シグムンド【写真:AP】

ナブラチロワ氏はシグムンドに辛辣指摘

 テニスの4大大会・全仏オープンは現地時間29日、女子シングルス1回戦で世界ランク66位ラウラ・シグムンド(ドイツ)が同44位のクリスティナ・ムラデノビッチ(フランス)にストレート勝ちを収めたが、第1セットに物議を醸す場面があった。シグムンドが自陣内で2度バウンドしたにも関わらずリターンしたショットが認められポイントに。実際のシーンを米メディアが動画付きで公開。海外ファンからは賛否が上がっていたが、女子のレジェンドは「私たちは自己申告した。恥だわ」と辛辣に指摘している。

【注目】「大人の私も受けたい」とネット話題 誰でも観られる「オンラインエール授業」はこちらから(過去のアーカイブ動画も視聴可能)

 問題のシーンは第1セット、ムラデノビッチが5-1とリードしての第7ゲーム。セットポイントの局面だった。ムラデノビッチが放ったショットを、シグムンドが前に出ながらリターン。これがポイントになった。

 だがよく見るとこのリターンの直前にボールが2度バウンドしているようだ。ムラデノビッチは抗議をするも判定は変わらない。ここから怒涛の逆転劇で1回戦突破を飾ったシグムンドだが、米専門メディア「テニス.com」では公式ツイッターで問題の場面を動画付きで脚光を浴びせ、「このドイツ人選手は“本当に”カムバックを果たしたのか? 間違った判定、スポーツマンシップの欠如は違う何かを私たちに提案しようとしている」と問題提起していたが、単複でWTAツアー通算344勝を誇るマルチナ・ナブラチロワ氏(チェコ)は苦言を呈している。

 豪ニュースメディア「news.com.au」は「シグムンドはクリスティナ・ムラデノビッチと対戦。第1ゲーム、ムラデノビッチが5-1とリードしセットポイントを迎えた場面、ダブルバウンスに見えるボールをシグムンドがすくい上げた。このルール違反による恩恵をシグムンドは受け、ムラデノビッチを下すきっかけとした」と状況をレポート。

1 2 3
インハイTV
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」はプロ野球ライブ中継&見逃し配信
カラダを動かす、すべての人のバストを救え。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集