[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

「最も珍しいKOパンチ」!? チャーロ弟、“戦慄の左”が米衝撃拡大「ユニークな一撃」

ボクシングの世界スーパーウエルター級3団体統一戦が26日(日本時間27日)、米コネチカット州アンカスビルで行われ、WBC王者のジャーメル・チャーロ(米国)がIBF&WBAスーパー王者ジェイソン・ロサリオ(ドミニカ共和国)に8回KO勝ち。統一王者となった。左ジャブでボディーを打ちぬいた衝撃のKOシーンを米メディアが米スポーツチャンネル「ショータイムボクシング」が動画付きで紹介。ボディーへのジャブで倒すという規格外のシーンに米ファンからは驚きの声が上がっていたが、現地メディアからも「最も珍しいKOパンチ」などと紹介されている。

ジャーメル・チャーロ【写真:Getty Images】
ジャーメル・チャーロ【写真:Getty Images】

左ジャブ一発で相手を悶絶させる、規格外の破壊力を米メディアも報道

 ボクシングの世界スーパーウエルター級3団体統一戦が26日(日本時間27日)、米コネチカット州アンカスビルで行われ、WBC王者のジャーメル・チャーロ(米国)がIBF&WBAスーパー王者ジェイソン・ロサリオ(ドミニカ共和国)に8回KO勝ち。統一王者となった。左ジャブでボディーを打ちぬいた衝撃のKOシーンを米メディアが米スポーツチャンネル「ショータイムボクシング」が動画付きで紹介。ボディーへのジャブで倒すという規格外のシーンに米ファンからは驚きの声が上がっていたが、現地メディアからも「最も珍しいKOパンチ」などと紹介されている。

【注目】「大人の私も受けたい」とネット話題 誰でも観られる「オンラインエール授業」はこちらから(過去のアーカイブ動画も視聴可能)

 規格外のパワーだ。8回、チャーロはガードを固めた相手のボディー目掛けて、左ジャブを打ちぬいた。次の瞬間、一撃を食らったロサリオは後ろ向きに大の字でダウン。勝利を確信したチャーロはガッツポーズだ。一方、ジャブとは思えない強打を食らったロサリオは悶絶。必死に立ち上がろうとするも、苦悶の表情で再度マットに倒れ、レフェリーが試合を止めた。

 左のジャブで相手の戦意を喪失させる圧巻のKO劇。これに米スポーツ専門局「ESPN」は「最後の一撃は最も珍しいノックアウトパンチだった。ボディーへの左ジャブだ」と驚きをつづり、「突き刺すような一打」と表現している。

 このパンチに至るまでのダメージも作用していたことは間違いないが、フィニッシュブローがジャブというのは珍しいケースなのは間違いない。

 米専門メディア「ボクシングシーン.com」も「ジャーメル・チャーロが8回開始から21秒にボディーへの左ジャブで、衝撃的にロザリオをノックアウト。メインイベントで主役の座を奪った」とレポート。米地元紙「ヒューストン・クロニクル」のマット・ヤング記者も自身のツイッターで「ジャーメル・チャーロがユニークな一撃をジェイソン・ロザリオにお見舞い」と評している。

 この日は双子の兄ジャモールもWBC世界ミドル級タイトルマッチで勝利し、兄弟で世界戦勝利を飾っている。チャーロの戦績は34勝(18KO)1敗。

(THE ANSWER編集部)

「DAZN」はプロ野球ライブ中継&見逃し配信

インハイTV
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」はプロ野球ライブ中継&見逃し配信
NIPPONを走ろう。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集