[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

“クーラーボックスの悲劇”!? 監督が試合中にリフティングのち転倒の珍事で海外笑撃

選手よりも監督が目立った!? 英紙「タッチライン際でスポットライトを奪った」

 一連のシーンを、米FOXスポーツアジア版は「ショーを披露しようと試みた時、それが滑稽な方向へと逸れてしまうこともある」とユーモアたっぷりにつづり、動画付きで紹介。映像では、実況も口調を強めて目の前で起こった出来事を伝えている。

 英紙「ザ・サン」は、「ザンビアのウェドソン・ニーリエンダ監督がカメルーン戦、タッチライン際でスポットライトを奪った」と取り上げ、「ボールが彼の足元へと転がってきた次の瞬間、誰もが予測し得ない出来事が起きた…それは彼自身もそうだ」と記して状景描写を続けた。

「ニーリエンダは背後にあったクーラーボックスへと突っ込み、ドラマチックに崩れ落ちていった。高級なスーツを汚すことを避けるためには、機動性を生むためのキャスターをクーラーボックスにつけるべきだったかもしれない。彼は慌てて立ち上がると、笑顔を見せ、まるで自分の凡ミスに拍手を送っているようだった」

 テクニカルエリアでの“珍事”で言えば、Jリーグでも2009年に当時名古屋グランパスの監督だったドラガン・ストイコビッチ氏が、タッチラインを割ったボールを革靴のまま敵陣に“シュート”し、綺麗な放物線を描いてゴールネットを揺らして退席処分になった例がある。しかし、転倒劇はやはり特殊。ニーリエンダ監督にとっては、2-2で勝ち切れなかった試合よりも、自身の転倒劇のほうを悔やんでいるかもしれない。

1 2 3
インハイTV
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」はプロ野球ライブ中継&見逃し配信
NIPPONを走ろう。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集