[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

八村同僚のビールが不満 オールNBA入りならず、米同情「最も冷遇された選手」

米プロバスケットボール(NBA)は16日(日本時間17日)、2019-20レギュラーシーズンのオールNBAチームを発表。ファーストチームにレイカーズのレブロン・ジェームズらが選出される中、ウィザーズで好成績をマークしていたブラッドリー・ビールは同チーム入りを逃した。ビールはツイッターで不満を表すツイートをしたほか、複数の米メディアから「ビールは最も冷遇された選手」などと同情的な声があがっている。

ウィザーズのブラッドリー・ビール【写真:AP】
ウィザーズのブラッドリー・ビール【写真:AP】

ビールはツイッターで不満「馬鹿げている!」

 米プロバスケットボール(NBA)は16日(日本時間17日)、2019-20レギュラーシーズンのオールNBAチームを発表。ファーストチームにレイカーズのレブロン・ジェームズらが選出される中、ウィザーズで好成績をマークしていたブラッドリー・ビールは同チーム入りを逃した。ビールはツイッターで不満を表すツイートをしたほか、複数の米メディアから「ビールは最も冷遇された選手」などと同情的な声があがっている。

【注目】ママアスリートの先駆者、クレー射撃・中山由起枝が変えたい日本社会の理解度

 ビールは今季、キャリアハイの平均30.5得点、6.1アシストをマーク。右肩の故障で新型コロナ禍明けのリーグ再開後は欠場したが、八村塁らとともにチームを牽引した。しかし、100人のスポーツ記者と放送関係者による投票では計32ポイントに終わり、オールNBAチーム入りを逃した。

 これにビールは納得がいかないようだ。自身のツイッターで過去に投稿した、キングスなどで活躍したデマーカス・カズンズが「馬鹿げている!」と話しているGIF動画を再投稿。米スポーツ専門局「ESPN」のNBA専門アカウントは「ビールは、少なくとも1試合平均30得点、6アシストを記録しながら、オールNBAに選ばれなかったNBA史上初の選手に」とツイートしたほか、複数の米メディアが同情的な意見を寄せている。

 米スポーツ専門メディア「ジ・アスレチック」のウィザーズ番フレッド・カッツ記者は「ビールがオールNBAに選ばれなかったガードの中で最多得票選手に。セカンドチームに3票、サードチームに23票だった。ビールは昨季もオールNBAに選出されなかった選手の中で最多得票選手だった。慣れ親しんだ領域だ」と再びの悲劇であったことを紹介している。

1 2
インハイTV
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」はプロ野球ライブ中継&見逃し配信
NIPPONを走ろう。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集