[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

「どうやって習得した?」 昨季16勝右腕の“フリスビーカーブ”に米驚き「過去最高」

米大リーグ・レイズの右腕チャーリー・モートン投手が脚光を浴びている。7日(日本時間8日)のナショナルズ戦で左打者の内角をえぐるカーブを披露。MLB公式インスタグラムが動画を公開すると、空振り三振に仕留めた“フリスビーカーブ”に米ファンからは「どうやって習得したんだ」「スイングしてもノーチャンスだ」と反響が集まっている。

レイズのチャーリー・モートン【写真:AP】
レイズのチャーリー・モートン【写真:AP】

レイズのモートンが投じた変化球に米唖然「あれ、反則では?」

 米大リーグ・レイズの右腕チャーリー・モートン投手が脚光を浴びている。7日(日本時間8日)のナショナルズ戦で左打者の内角をえぐるカーブを披露。MLB公式インスタグラムが動画を公開すると、空振り三振に仕留めた“フリスビーカーブ”に米ファンからは「どうやって習得したんだ」「スイングしてもノーチャンスだ」と反響が集まっている。

【注目】「大人の私も受けたい」とネット話題 誰でも観られる「オンラインエール授業」はこちらから(過去のアーカイブ動画も視聴可能)

 196センチの長身から投げ下ろした。初回先頭、0-2からの4球目だ。モートンが投じた1球は内角ストライクゾーン付近からさらに内角へ。まるでフリスビーのように急激な変化を見せ、左打者の膝元へストンと吸い込まれていった。目の前からボールが消えた打者のアダム・イートンは体勢を崩しながら空振り。スイング後はよろけて左手をつくほどだった。

 昨季16勝6敗の36歳が投じた様子に対し、MLB公式インスタグラムは動画付きで「チャーリーとストライク工場」と映画のタイトルをかけたようにジョーク交じりに投稿。米ファンからは「ファンタスティック!」「スイングしてもノーチャンスだ」「過去最高にいやらしい」「何てことだ……」「どうやって習得したんだ」「あれ、反則では?」「『打撃なんて簡単』と言う人間にはこの動画を見せよう」とコメントが寄せられている。

 モートンは先頭打者を抑えたが、5回3失点でチームは1-6で敗戦。黒星が付いて今季1勝2敗となった。それでも、実力者の変化球に注目が集まっているようだ。

1 2
インハイTV
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」はプロ野球ライブ中継&見逃し配信
カラダを動かす、すべての人のバストを救え。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
TORCH
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集