[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

井上尚弥戦には消極的 ロマゴンの胸中を地元紙分析「彼はリスクを冒したくない」

ボクシングのWBAスーパー&IBF世界バンタム級王者・井上尚弥(大橋)。2020年初戦が待たれる中、WBA世界スーパーフライ級王者のローマン・ゴンサレス(ニカラグア)がモンスターとのドリームマッチ実現の可能性について言及。地元メディアは「彼はリスクを冒したくない」「キャリアの終盤に冷たいキャンバスにもう触れたくない」とロマゴンの心情を分析している。

ローマン・ゴンサレス【写真:Getty Images】
ローマン・ゴンサレス【写真:Getty Images】

かつてのPFP、ロマゴンが井上戦の可能性に言及

 ボクシングのWBAスーパー&IBF世界バンタム級王者・井上尚弥(大橋)。2020年初戦が待たれる中、WBA世界スーパーフライ級王者のローマン・ゴンサレス(ニカラグア)がモンスターとのドリームマッチ実現の可能性について言及。地元メディアは「彼はリスクを冒したくない」「キャリアの終盤に冷たいキャンバスにもう触れたくない」とロマゴンの心情を分析している。

【注目】ママアスリートの先駆者、クレー射撃・中山由起枝が変えたい日本社会の理解度

「ローマン・ゴンサレスは将来、ナオヤ・イノウエと対戦するのか、否かという疑問を明確にする」と特集したのはニカラグア地元紙「ラ・プレンサ」だった。

 かつてパウンド・フォー・パウンド(PFP)の頂点に君臨したロマゴン。2017年にWBC世界スーパーフライ級タイトルマッチでシーサケット・ソールンビサイ(タイ)相手に2連敗を喫したが、今年2月にカリド・ヤファイ(英国)とのタイトルマッチで勝利を収め、WBA同級王者に返り咲いた。

 井上がスーパーフライ級時代には対戦の可能性が浮上していたロマゴンだが、モンスターとの対戦について否定的だったという。

「彼は別の階級で飛翔している。彼は(バンタム級で)力強さを感じているので、対決することは難しい」と語っている。実現するなら、軽量級戦線で屈指のメガマッチとなるが、ニカラグアの英雄は否定的のようだ。

 なぜなのか。記事ではロマゴンの心情を推し量っている。

1 2
インハイTV
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」はプロ野球ライブ中継&見逃し配信
NIPPONを走ろう。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集