[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

「自業自得」「因果応報」 UFCレジェンド、“目潰し”くらった無念の最終戦に米辛辣

米国最大の総合格闘技「UFC」は15日(日本時間16日)、米ラスベガスで「UFC252」を開催。メインイベントではヘビー級王者のスティーペ・ミオシッチ(米国)が、挑戦者のダニエル・コーミエ(同)に3-0で判定勝ち。王座を防衛したが、試合中に王者が繰り出したサミング(目潰し)の波紋が拡大している。米メディアが実際のシーンを動画付きで公開。やられたコーミエも過去にサミングを繰り返していたことから、米ファンからは「自業自得」「ミオシッチが受けてきたことだ」などと厳しく指摘されている。

目潰しを受けたダニエル・コーミエ【写真:Getty Images】
目潰しを受けたダニエル・コーミエ【写真:Getty Images】

やりかえされただけ…無念のコーミエに同情の声なし

 米国最大の総合格闘技「UFC」は15日(日本時間16日)、米ラスベガスで「UFC252」を開催。メインイベントではヘビー級王者のスティーペ・ミオシッチ(米国)が、挑戦者のダニエル・コーミエ(同)に3-0で判定勝ち。王座を防衛したが、試合中に王者が繰り出したサミング(目潰し)の波紋が拡大している。米メディアが実際のシーンを動画付きで公開。やられたコーミエも過去にサミングを繰り返していたことから、米ファンからは「自業自得」「ミオシッチが受けてきたことだ」などと厳しく指摘されている。

【注目】「大人の私も受けたい」とネット話題 誰でも観られる「オンラインエール授業」はこちらから(過去のアーカイブ動画も視聴可能)

 悲運か、それとも自業自得なのか――。大会前にこの試合を最後に引退することを表明していた41歳のレジェンド、コーミエ。しかし不完全燃焼の結末となった。3ラウンドの終盤。ミオシッチが繰り出した右を被弾した際に、ミオシッチの指が完全に左目に入ってしまった。

 左目の視界を失ったコーミエはその後も懸命に戦い続けたが判定負け。有終の美を飾ることはできず、現地メディアでは「ダニエル・コーミエは酷い目潰しによって、目が腫れてしまった」などと無念の最終戦をレポートしていたが、さらに波紋が拡大している。

 米スポーツ専門局「ESPN」のスポーツ情報番組「スポーツセンター」は「ダニエル・コーミエへのこの目潰しは痛そうだ」と添えて実際の映像を公開。するとファンからはコーミエへの同情どころか、「因果応報」「自業自得だ」「目潰しはわざとだな」「目には目を」「ミオシッチは目潰しがどんなものか知っているからね」「ミオシッチが受けてきたことじゃないか」などのコメントが多数集まっている。

 コーミエはこれまでも悪質なサミングを繰り返してきたことでも知られており、ミオシッチとの前回の対戦でもコーミエのサミングによってミオシッチが負傷していた経緯があるだけに、米ファンの見方は辛辣だった。

 やったらやりかえされた――。不本意なラストファイトは自業自得の結果なのだろうか。

(THE ANSWER編集部)

「DAZN」はプロ野球ライブ中継&見逃し配信

インハイTV
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」はプロ野球ライブ中継&見逃し配信
カラダを動かす、すべての人のバストを救え。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
TORCH
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集