[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

MLBでも野手が登板 “ゆるゆる111km変化球”の奪三振に米称賛「今季最高の救援」

6日(日本時間7日)に行われた米大リーグ、インディアンス対レッズの試合で、レッズの野手が敗戦処理として8回に登板。1回を1安打無失点に抑えた。69マイル(約111キロ)のカーブで見逃し三振を奪うシーンをレッズ公式ツイッターが動画で公開。米ファンからは「今季最高のリリーフ」「全投手より良い」などと称賛の声が寄せられている。

レッズのマット・デービッドソン、普段は内野手を務める【写真:Getty Images】
レッズのマット・デービッドソン、普段は内野手を務める【写真:Getty Images】

秋山所属のレッズ内野手が敗戦処理で登板、大敗にもファン「今夜唯一の良いこと」

 6日(日本時間7日)に行われた米大リーグ、インディアンス対レッズの試合で、レッズの野手が敗戦処理として8回に登板。1回を1安打無失点に抑えた。69マイル(約111キロ)のカーブで見逃し三振を奪うシーンをレッズ公式ツイッターが動画で公開。米ファンからは「今季最高のリリーフ」「全投手より良い」などと称賛の声が寄せられている。

【注目】ママアスリートの先駆者、クレー射撃・中山由起枝が変えたい日本社会の理解度

 秋山の同僚内野手がマウンドに上がった。0-13と大量リードを許した8回、レッズの4番手として送り出されたのはマット・デービッドソンだった。先頭打者のフリーマンをカウント1-2と追い込むと、セットポジションから投じたのは69マイルのカーブ。これが外角高めに決まり、見逃し三振を奪って見せた。

 見届けた解説陣も思わず大笑いする投球を見せたデービッドソンは、2死からメルカドに中前打を許すも、後続を抑えて1回1安打無失点。見事に敗戦処理を勤め上げた。レッズ公式ツイッターは文面に「内野手のマット・デービッドソンによるナイスなカーブ」とつづり、実際の投球動画を公開。米ファンからは様々な反響が寄せられている。

「おめでとう、マット・デービッドソン。君はレッズ最高のリリーフ投手だ」
「今季最高のリリーフ」
「今夜唯一の良いこと」
「全投手より良い」
「ナイス」

 レッズはそのまま大敗したため「スコアがすべてを物語っている」「だからなんだ」といったコメントも多かったが、2018年にも3試合に登板した実績があるデービッドソンを称える反響も寄せられていた。日本でも巨人の増田大輝内野手が6日の阪神戦で敗戦処理。打者3人を無安打1四球、無失点に抑えていた。

1 2
インハイTV
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」はプロ野球ライブ中継&見逃し配信
NIPPONを走ろう。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集