[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

大谷翔平、突然の大乱調の要因は? 米記者が初回と2回の変化を指摘「右腕が…」

米大リーグ、エンゼルスの大谷翔平投手は2日(日本時間3日)、本拠地のアストロズ戦で今季2度目の先発。1回2/3、無安打5四球2失点で降板した。チームは延長の末、5-6で敗れたが、勝敗はつかなかった。圧巻の3者凡退での立ち上がりからは一転、2回は3者連続四球でピンチを招き、2者連続で押し出し四球と制球を乱した。突如制球を乱した原因として米記者は初回と2回の比較動画を投稿し、「腕の振り」を指摘している。

1回2/3、無安打5四球2失点で降板したエンゼルスの大谷翔平【写真:AP】
1回2/3、無安打5四球2失点で降板したエンゼルスの大谷翔平【写真:AP】

2回に突如制球を乱し5四球、米記者の分析は?

 米大リーグ、エンゼルスの大谷翔平投手は2日(日本時間3日)、本拠地のアストロズ戦で今季2度目の先発。1回2/3、無安打5四球2失点で降板した。チームは延長の末、5-6で敗れたが、勝敗はつかなかった。圧巻の3者凡退での立ち上がりからは一転、2回は3者連続四球でピンチを招き、2者連続で押し出し四球と制球を乱した。突如制球を乱した原因として米記者は初回と2回の比較動画を投稿し、「腕の振り」を指摘している。

【注目】「大人の私も受けたい」とネット話題 誰でも観られる「オンラインエール授業」はこちらから(過去のアーカイブ動画も視聴可能)

 初回は最速97.1マイル(約156.2キロ)のストレートに、スプリットもさえわずか8球で三者凡退と絶好の立ち上がり。しかし2回は一転、ストライクが入らなくなった。無死から3連続四球で満塁とすると、1死からガーノー、スプリンガーと連続で押し出し四球。安打は1本も許していないが、2失点してマウンドを降りた。

 絶好の初回から大乱調の2回。何が違ったのか。米スポーツ専門局「CBSスポーツ」のダニー・ヴェッティ記者は自身のツイッターに初回と2回の投球を動画で並べて比較。こう指摘している。

「今日のショウヘイ・オオタニにはいくらかの改善があった。2回に粗さが出たが、彼が試合中盤まで投げようとしていたことは分かっただろう。これは私の見解だが、体の開きに対して腕を振るスピードがまだ遅かった。そして腕の速度が遅いので、それが左腕をより引く動きにつながっている」

 投げた直後の右腕の位置に注目した同記者。初回はプレート方向へ向けてまっすぐ振り下ろしているが、2回は一塁ベース方向へと流れているのが見て取れる。これは腕の振りが原因だと分析している。

 また続けて「投手は球速を上げるために、左に流れるのではなく、腕を真っ直ぐ放り、勢いをそのまま利用したいと考えている。私の意見としては、彼はもっと腕を速く振るようにしなくてはいけなく、少し時間がかかるだろう。純粋に彼の技術は素晴らしいものがあるので、エンゼルスファンは心配する必要はない」とも強調している。

 初登板では1死も取れず5失点。この日は修正の後も見えたが、2回は球速も大きく落ちるなどまだまだ不安定のようだ。

1 2
インハイTV
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」はプロ野球ライブ中継&見逃し配信
カラダを動かす、すべての人のバストを救え。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
TORCH
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集