[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

羽生結弦、ISUアワードの“お粗末寸評”を海外識者も指摘「実績を省略してはならない」

国際スケート連盟(ISU)は、新設したフィギュアスケートの年間表彰「ISUスケーティング・アワード」の各部門の受賞者を11日に発表する。男子の羽生結弦は「最優秀選手」と「ベストコスチューム」の2部門でノミネートされているが、その際の紹介文に対してファンからは不満の声が噴出。同様に海外識者からも「正しい評価ではない。悲しいことだ」と指摘されている。

羽生結弦【写真:Getty Images】
羽生結弦【写真:Getty Images】

11日発表のISUアワード、アンベーシ氏も寸評に指摘

 国際スケート連盟(ISU)は、新設したフィギュアスケートの年間表彰「ISUスケーティング・アワード」の各部門の受賞者を11日に発表する。男子の羽生結弦は「最優秀選手」と「ベストコスチューム」の2部門でノミネートされているが、その際の紹介文に対してファンからは不満の声があった。同様に海外識者からも「正しい評価ではない。悲しいことだ」と指摘されている。

【特集】【注目】「大人の私も受けたい」とネット話題 誰でも観られる「オンラインエール授業」はこちらから(過去のアーカイブ動画も視聴可能)

 年間表彰の「最優秀選手」部門にネイサン・チェン(米国)、ガブリエラ・パパダキス/ギヨーム・シゼロン(アイスダンス・フランス)とともにノミネートされている羽生。「ユヅル・ハニュウ」を支持する声が国内外から多く上がる中で、問題視されているのはノミネート選手への寸評だ。

 ISUは公式サイト上にアワード用の特設サイトを作り、それぞれの選手の経歴などに触れている。羽生については「ユヅル・ハニュウは日本男子初の五輪金メダリストであり、史上初めて大会で4回転ループを成功させ、合計300点を超えた選手。彼は世界選手権で2度優勝し、四大陸選手権も優勝。グランプリファイナルでは4度メダリストとなり、日本選手権も4度制している。彼はジュニア世界選手権とジュニアGPファイナルでも優勝しており、世界でも最も勲章を獲得している選手の一人だ」となっている。

 しかし五輪連覇の記述はなく、実際にはGPファイナルで4連覇を達成し、6度メダリストになっていることから、実績との整合性が取れていないという声が上がっていた。

1 2
インハイTV
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」はプロ野球ライブ中継&見逃し配信
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集