[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

No.1飛ばし屋デシャンボー、マン振り“363yドライバー”に米驚愕「これは異常だ」

米男子プロゴルフ(PGA)ツアーのロケットモーゲージクラシック第3日が4日(日本時間5日)、米ミシガン州デトロイトGCで行われ、世界ランク10位ブライソン・デシャンボー(米国)は67をマークし、通算16アンダーで首位と3打差の2位で最終日を迎える。ツアー屈指の飛ばし屋は1番パー4でドライバーを“マン振り”し、363ヤードをかっ飛ばす、ビッグドライブを披露。グリーン手前まで運ぶ一打を、PGAツアーの公式インスタグラムが動画付きで公開。ファンを驚愕させている。

ブライソン・デシャンボー【写真:Getty Images】
ブライソン・デシャンボー【写真:Getty Images】

スタートホールでいきなり363ヤードのビッグドライブ披露

 米男子プロゴルフ(PGA)ツアーのロケットモーゲージクラシック第3日が4日(日本時間5日)、米ミシガン州デトロイトGCで行われ、世界ランク10位ブライソン・デシャンボー(米国)は67をマークし、通算16アンダーで首位と3打差の2位で最終日を迎える。ツアー屈指の飛ばし屋は1番パー4でドライバーを“マン振り”し、363ヤードをかっ飛ばす、ビッグドライブを披露。グリーン手前まで運ぶ一打を、PGAツアーの公式インスタグラムが動画付きで公開。ファンを驚愕させている。

【注目】ママアスリートの先駆者、クレー射撃・中山由起枝が変えたい日本社会の理解度

 スタートホールでいきなり、見るものの度肝を抜いた。1番パー4。グレーのウェアのデシャンボーは、これでもかと力を込めてドライバーを振り抜いた。凄まじいヘッドスピードから繰り出された一撃は、まっすぐ、力強く飛んだ。

 フェアウェーに着弾し、そのままキャリーでグリーン手前まで運んだ。ピンまで残り70フィート(約21メートル)まで飛ばすビッグドライブ。PGAツアーは「ロケットモーゲージクラシックの1番387ヤード。ブライソン・デシャンボーは、このティーショットで残り70フィートまで迫った」と驚きをつづり、動画付きで公開。ファンも驚愕している。

「彼がなぜあんなスイングをして、ボールもコントロール出来ているのか理解できない」
「彼は野獣だ」
「このスイングじゃ怪我しそう」
「弾丸だ」
「これは異常だ」
「この男は才能に溢れている」
「クレイジーだ」
「ザ・マシーン」

 このホール、楽々バーディーを奪ったデシャンボーはこの日も5つスコアを伸ばして首位には3打差。優勝は射程圏だ。新型コロナウイルス感染拡大による外出自粛期間中に体重を9キロ増やしパワーアップに成功したデシャンボー。ここ最近の絶好調の源となっている。

1 2
インハイTV
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」はプロ野球ライブ中継&見逃し配信
NIPPONを走ろう。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集