[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

マロニーが一家悲願の米初勝利 7回終了TKO、2日前には弟がWBA正規王座陥落

WBO世界バンタム級2位のジェイソン・マロニー(オーストラリア)は25日(日本時間26日)、米ラスベガスで行われた同級10回戦に登場。相手がまぶたをカットしたことにより、マロニーが7回終了TKO勝ちを収めた。昨年終幕したワールド・ボクシング・スーパー・シリーズ(WBSS)バンタム級大会にも参戦していた29歳の勝利を海外メディアが報じている。

ジェイソン・マロニー【写真:Getty Images】
ジェイソン・マロニー【写真:Getty Images】

バエズがまぶたをカットしたことによる7回終了TKO勝ち

 WBO世界バンタム級2位のジェイソン・マロニー(オーストラリア)は25日(日本時間26日)、米ラスベガスで行われた同級10回戦に登場。相手がまぶたをカットしたことにより、マロニーが7回終了TKO勝ちを収めた。昨年終幕したワールド・ボクシング・スーパー・シリーズ(WBSS)バンタム級大会にも参戦していた29歳の勝利を海外メディアが報じている。

【特集】「空手=無骨というイメージを覆したい」若き王者が抱いた使命感とは / 空手・西村拳インタビュー(GROWINGへ)

 米興行大手・トップランク社と契約するマロニーはレオナルド・バエズ(メキシコ)と対戦。3回に相手のバエズが右目の上をカットして出血すると、7回には左目の上もカット。これにより、マロニーの7回終了TKO勝ちとなった。

 米メディア「ボクシングシーン.com」は「ジェイソン・マロニー、レオナルド・バエズを流血させ7ラウンドで仕留める」と見出しを打って記事を掲載。「米国での3試合目は、マロニーの家族にとってアメリカン・ドリーム達成の記念となった」と勝利を報じている。

 マロニーの米国での試合は2018年10月、WBSS初戦で前IBF王者エマヌエル・ロドリゲス(プエルトリコ)に判定負けして以来だった。今月23日(日本時間24日)には同じく米ラスベガスで行われたWBA世界スーパーフライ級タイトルマッチで、正規王者だった双子の弟、アンドリュー・マロニーが挑戦者ジョシュア・フランコに敗れており、兄弟にとってはこれが米国3試合目での初勝利となった。

 マロニーはこれで22戦21勝(18KO)1敗。ロドリゲス戦以来となる大舞台を目指す29歳が順調に勝利を積み上げた。

1 2
インハイTV
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」はプロ野球ライブ中継&見逃し配信
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集