[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

天才4回転ジャンパー、トルソワが明かすジャンプの極意「私は空中で修正できます」

フィギュアスケートの15歳アレクサンドラ・トルソワ(ロシア)が母国でインタビューに応じ、その内容をロシアメディア「sports.ru」がレポート。4種類の4回転ジャンプを跳ぶ“天才少女”は、自身のジャンプの極意を明かしている。

アレクサンドラ・トルソワ【写真:Getty Images】
アレクサンドラ・トルソワ【写真:Getty Images】

4種類の4回転を跳ぶ15歳、コンマ数秒の世界で発揮する修正能力とは

 フィギュアスケートの15歳アレクサンドラ・トルソワ(ロシア)が母国でインタビューに応じ、その内容をロシアメディア「sports.ru」がレポート。4種類の4回転ジャンプを跳ぶ“天才少女”は、自身のジャンプの極意を明かしている。

【特集】一瞬で恋に落ちた新体操、その魅力「1回見たら好きになってもらえる」 / 新体操・畠山愛理インタビュー(GROWINGへ)

 ロシアの有名女性ジャーナリスト、マリヤ・コマンドナヤ氏のインタビューに応じたトルソワ。記事では、最もお気に入りの4回転について「トウループ」と語った15歳は、昨シーズンで最も記憶に残った大会を問われると「4回転ジャンプを4本跳んだジャパンオープンです」と明かし、4回転ジャンパーらしいこだわりを覗かせている。

 フィギュアの次に好きなスポーツについては「新体操やアーティスティックスイミングが好きです。あとバレエも。それはスポーツではないですが」と回答。続けて「他の種類のスポーツにおける自分の姿を想像できますか?」との問いを受けると、他競技に対して独特の興味を示している。

「想像できませんが、試してみたいです。バレエでつま先で立ってみたりしたんです。コーチとは以前、練習もしていました。あと、なぜかはわかりませんが、棒高跳びをすごくやってみたいです。うまくいかないと思いますが、彼らがジャンプの瞬間に何を感じるのか興味があります」

 同じようにジャンプが勝敗に直結する競技である棒高跳びの思考に興味を寄せたトルソワ。「あなたは自分のジャンプの瞬間に何を感じますか? 何か考えたりできるものなのですか?」と質問されると、独自の空中感覚を明かした。

1 2
インハイTV
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」はプロ野球ライブ中継&見逃し配信
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集