[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

ジョーダンが109億円寄付で黒人コミュニティ支援「人種差別が根絶されるまで…」

バスケットボール界の“神様”マイケル・ジョーダン氏が、ジョーダン・ブランドとともに、1億ドル(約109億円)をこれから10年間にわたって教育環境の改善などを推し進める組織に寄付し、黒人コミュニティを支援することを、同ブランドを展開するナイキ社の公式サイトで発表した。

マイケル・ジョーダン氏【写真:Getty Images】
マイケル・ジョーダン氏【写真:Getty Images】

ジョーダン・ブランドとともに寄付、声明発表「これから10年間にわたり寄付」

 バスケットボール界の“神様”マイケル・ジョーダン氏が、ジョーダン・ブランドとともに、1億ドル(約109億円)をこれから10年間にわたって教育環境の改善などを推し進める組織に寄付し、黒人コミュニティを支援することを、同ブランドを展開するナイキ社の公式サイトで発表した。

【特集】5人制元日本代表はなぜ3×3で現役復帰したのか 「バスケ界に恩返しを」 / バスケットボール「3×3」・渡邉拓馬インタビュー(GROWINGへ)

 白人警官の黒人への不当な暴力対する抗議活動が広がる米国。歴史的に黒人コミュニティとのつながりの深いNBAのレジェンドが立ち上がった。同社が公表したジョーダン・ブランドとジョーダン氏の声明によると、人種的平等、社会的正義の実現、そしてより良い教育環境を目指す組織を寄付の対象にするという。

「ジョーダン・ブランドは私たち、黒人コミュニティです」という力強い言葉で始まる声明のなかでジョーダン・ブランドは、現在行われる抗議活動で叫ばれている「Black lives matter(黒人の命は大切。私たちも同じ人間。他の命と同じように大切だ、という意味が込められている)」の合言葉を発し、社会の変革を訴えた。

 以下、声明全文。

「ジョーダン・ブランドは、私たち、黒人コミュニティです。

 ジョーダン・ブランドは一人の男以上もの。常に家族でした。我々は、障害を乗り越え、世界中の差別と闘い、毎日人種差別と不義による傷を消そうと努めています。世界が認識するようになった、意志、仕事、卓越性は、一つの世代が次の世代、また次の世代へと夢を注いだ結果です。

 今は2020年。我々の家族は我々の生き方を志す者なら誰もが含まれます。しかし、物事が変化したのと同じくらい、最悪なものは変化していません。

 Black lives matter.これは議論を呼ぶような声明ではありません。我々の国の制度を破綻へ導く、根深い人種差別が完全に根絶されるまで、我々は黒人の生活を保護し、改善することに専念し続けます。

 今日、我々はマイケル・ジョーダンとジョーダン・ブランドはこれから10年間にわたって、人種的平等を目指す組織、社会的正義の実現を目指す組織、そしてより良い教育環境を目指す組織に1億ドルを寄付することを発表します」

 また、ジョーダン・ブランドのクレイグ・ウィリアムズ社長は「黒人コミュニティに真のインパクトを与えるために、我々がやるべきことはまだあります。我々は責任を喜んで受け入れます」と加えた。

(THE ANSWER編集部)

「DAZN」はプロ野球ライブ中継&見逃し配信

インハイTV
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」はプロ野球ライブ中継&見逃し配信
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集