[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

【甦るラグビーW杯】「ランチパック」流行を英BBCまで特集 元代表選手が絶賛「これは芸術品だ」

新型コロナウイルス感染拡大の影響で、多くのスポーツイベントが延期、中止を余儀なくされている。緊急事態宣言は解除され、日本が元気を取り戻そうとする今、振り返りたいのが昨秋のラグビーワールドカップ(W杯)だ。グラウンド内外で様々なドラマが生まれた大会の名珍場面を「甦るラグビーW杯」としてプレーバックする。今回は大会中に海外メディアの胃袋を鷲掴みにした「メイド・イン・ジャパン」について。

元イングランド代表のポール・グレイソン氏もあの味にハマったようだ【写真:Getty Images】
元イングランド代表のポール・グレイソン氏もあの味にハマったようだ【写真:Getty Images】

新型コロナ禍の今こそ「ONE TEAM」に―ラグビーW杯の名珍場面を連日回想

 新型コロナウイルス感染拡大の影響で、多くのスポーツイベントが延期、中止を余儀なくされている。緊急事態宣言は解除され、日本が元気を取り戻そうとする今、振り返りたいのが昨秋のラグビーワールドカップ(W杯)だ。グラウンド内外で様々なドラマが生まれた大会の名珍場面を「甦るラグビーW杯」としてプレーバックする。今回は大会中に海外メディアの胃袋を鷲掴みにした「メイド・イン・ジャパン」について。

【特集】【PR】自称「ヘビーユーザー」 Jリーグ得点王にDAZN(ダゾーン)が欠かせないワケ

 あの英公共放送「BBC」も認めた。同局は大会期間中に「ラグビーユニオン、ウィークリーツアー、サンドイッチと歌と新幹線」と公式サイトで動画特集を掲載。日本大会の盛り上がりをダイジェストで伝える中、プロデューサーのルイーズ・グウィリアム氏は東京スタジアムの記者席からレポートを始めた。

「私は今、東京スタジアムにいます。これから話題にすることはラグビーについてではありません。今大会、ここまでの最大のセンセーションについて紹介します」と切り出した。そして、隣に元イングランド代表のポール・グレイソン氏が「これは芸術品ですよ」とおもむろに取り出したのは純白の正方形。ヤマザキの「ランチパック」だった。

「信じようが信じまいが、これはイギリスの一般的なパンには見えません。耳なしのツナサンドイッチです。見た目はひどいものですが、味わいはファンタスティックです」と言い、今大会は報道陣の作業スペースに用意されているサンドイッチをユーモアたっぷりに紹介した。

 今大会は7人制ラグビーの元イングランド代表主将で、現在は解説者を務めるロブ・ヴィッカーマン氏も自身のツイッターでランチパックを紹介。「あっという間にメディアラウンジ絶賛の逸品となった」と取り上げ、各国メディアで流行していることを伝えていた。ピッチ上では史上初の8強入りを果たし、日本代表が世界的な評価を高める一方で、日本人のランチのお供も海外メディアの胃袋を満たし、意外な形で評価を高めた。

1 2
インハイTV
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」はプロ野球ライブ中継&見逃し配信
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集