[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

中断のNBA、過半数のGMがプレーオフから再開を希望 アンケート結果を米記者明かす

再開へ向けて動き出した米プロバスケットボール(NBA)は、各チームのゼネラルマネージャー(GM)に対してアンケートを実施。米記者によると、その結果が29日(日本時間30日)に明かされ、半数以上のGMがプレーオフからのシーズン再開を望んでいるという。

八村塁【写真:Getty Images】
八村塁【写真:Getty Images】

チャラニア記者がツイート…八村塁、渡邊雄太にもプレーオフ出場の可能性

 再開へ向けて動き出した米プロバスケットボール(NBA)は、各チームのゼネラルマネージャー(GM)に対してアンケートを実施。米記者によると、その結果が29日(日本時間30日)に明かされ、半数以上のGMがプレーオフからのシーズン再開を望んでいるという。

【特集】5人制元日本代表はなぜ3×3で現役復帰したのか 「バスケ界に恩返しを」 / バスケットボール「3×3」・渡邉拓馬インタビュー(GROWINGへ)

 米スポーツ専門メディア「ジ・アスレチック」などに寄稿しているシャムズ・チャラニア記者のツイッターによると、53%のGMが直接プレーオフに突入することを希望。27%のGMはレギュラーシーズンの残り試合数を減らし、プレーオフ進出チームを決する制度の導入に票を投じたという。

 八村塁がプレーするウィザーズは現在東カンファレンスで9位につけており、フォーマット次第ではプレーオフ進出も狙える。また、グリズリーズの渡邊雄太も出場可能選手の枠が増えれば、プレーオフに参加するチャンスは十分に見込めるだろう。

 以下、チャラニア記者が伝えたアンケートの結果。

・53%のGMが直接プレーオフに突入することを希望。27%のGMはレギュラーシーズンの残り試合数を減らし、プレーオフ進出チームを決する制度の導入を希望。

・60%のGMが72試合シーズンを希望。

・20チーム以上にあたる83%のGMが「プレーオフ・プラス」(プレーオフ進出チームを決する制度、もしくはプレーオフの第1ステージをグループステージに代えて、プレーオフ進出のチャンスを得るチームを増すフォーマット)に賛成。

・現状プレーオフ進出のチャンスがないチームのGMの意見は割れている。

・大半のGMが、遅くとも10月1日より前にシーズンが終了することを希望。

・GMらは、現状よりもプレー可能な選手の多い、より柔軟な管理ができるロースター制度を希望。

・53%のGMが従来のプレーオフのシード制度を支持、47%はシード制度の見直しを支持。

(THE ANSWER編集部)

「DAZN」はプロ野球ライブ中継&見逃し配信

インハイTV
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」はプロ野球ライブ中継&見逃し配信
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集