[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

19歳美人テニス選手が異例の歌手デビュー ラップで目指す慈善活動を露メディア報道

女子テニスのダヤナ・ヤストレムスカ(ウクライナ)がまさかの歌手デビューをすると、ロシア放送局「ロシア・トゥデー」が報じている。ラップの曲を発表し、生じた収益は慈善活動に充てるようだ。

ダヤナ・ヤストレムスカ【写真:Getty Images】
ダヤナ・ヤストレムスカ【写真:Getty Images】

18年香港OPを制したヤストレムスカがラップの曲を発表

 女子テニスのダヤナ・ヤストレムスカ(ウクライナ)がまさかの歌手デビューをすると、ロシア放送局「ロシア・トゥデー」が報じている。ラップの曲を発表し、生じた収益は慈善活動に充てるようだ。

【注目】「大人の私も受けたい」とネット話題 誰でも観られる「オンラインエール授業」はこちらから(過去のアーカイブ動画も視聴可能)

 思わぬ活動を始める。ビーチでトレーニングをする様子をインスタグラムに投稿するなど、ロックダウン下でも肉体強化に努めていたヤストレムスカは2000年生まれの19歳。18年に全米で4大大会初出場を果たすと、同年の香港オープンでツアー初優勝を経験。端正なルックスで人気が高い選手でもある。

 そんな美人選手について、同局は「ウクライナのスターテニス選手のダヤナ・ヤストレムスカがラップの曲を発表」という見出しの記事を掲載している。

 記事によると、発表した曲名は「幾千の私」で、「19歳の彼女はラケット同様にリズムも上手く扱えている。この曲を投稿したインスタグラムとYouTubeのアカウントで合計6万回以上の再生回数が既に記録されている」と反響があったことが伝えられている。

 一体どんな曲なのか。同局によると「ヤストレムスカは曲の中で、嘘が理由で破局してしまった2人がヨリを戻すことについて、ロシア語のラップで表現している」とされている。

 記事では、「ヤストレムスカは『Apple Music』や『Google Play』などから生じた収益を慈善活動に充てるということも決めている。この曲のリリースはヤストレムスカと彼女の音楽仲間のプロたちが、新型コロナウイルスによる活動制限が解けたあとに行うという」と説明されている。

1 2
インハイTV
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」はプロ野球ライブ中継&見逃し配信
カラダを動かす、すべての人のバストを救え。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
TORCH
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集