[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

ロマチェンコ、3階級制覇の悶絶KOに再脚光 左ボディーに衝撃「立ち上がるのは無理」

ボクシングのライト級3団体王者ワシル・ロマチェンコ(ウクライナ)。リング誌のパウンド・フォー・パウンド(PFP)で2位につける、“精密機械”が世界最速で3階級制覇を達成したのは2年前の5月12日(日本時間13日)だった。WBA世界ライト級王者ホルヘ・リナレス(帝拳)をボディーで悶絶させるシーンを、米スポーツ専門局「ESPNリングサイド」が動画付きで公開。ファンからは「これは最高だった」「この一撃、覚えているよ」などと再び衝撃が走っている。

ワシル・ロマチェンコ【写真:Getty Images】
ワシル・ロマチェンコ【写真:Getty Images】

2年前の「5・12」、リナレス撃破の左ボディーを米メディア復刻

 ボクシングのライト級3団体王者ワシル・ロマチェンコ(ウクライナ)。リング誌のパウンド・フォー・パウンド(PFP)で2位につける、“精密機械”が世界最速で3階級制覇を達成したのは2年前の5月12日(日本時間13日)だった。WBA世界ライト級王者ホルヘ・リナレス(帝拳)をボディーで悶絶させるシーンを、米スポーツ専門局「ESPNリングサイド」が動画付きで公開。ファンからは「これは最高だった」「この一撃、覚えているよ」などと再び衝撃が走っている。

【注目】「大人の私も受けたい」とネット話題 誰でも観られる「オンラインエール授業」はこちらから(過去のアーカイブ動画も視聴可能)

 ロマチェンコがその強さを世界に知らしめた一戦だ。6回にプロ初のダウンを喫するなど、リナレスを相手に苦しみながら迎えた10回。手数を増やし、最後は連打から渾身の左ボディーを炸裂させた。たまらず膝から崩れ落ちる王者。すぐさま右手でガッツポーズを繰り出したロマチェンコ。悶絶したリナレスは立ち上がることができない。

 10回2分8秒TKO。当時の世界最速12戦目で3階級制覇を成し遂げた瞬間を同メディアは「2年前の今日、ロマチェンコがボディーへの一撃でホルヘ・リナレスを仕留め、ボクシング史上最速での3階級王者となった」とキャプションを添えて投稿。ファンからは改めてその強さに驚きの声が上がっている。

「この一撃、覚えているよ」
「ロマチェンコは最高の男だ」
「これは最高の試合だった」
「あんな一撃から立ち上がるのは無理だ」

 同年9月には田中恒成(畑中)もプロ12戦目で世界3階級制覇を達成した。ロマチェンコはその後、ライト級3団体を統一。メジャー4団体完全制覇をかけて、IBF王者のテオフィモ・ロペス(米国)との対戦が決定的。凄みを増す、ロマチェンコを止める存在は現れるだろうか。

1 2
インハイTV
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」はプロ野球ライブ中継&見逃し配信
カラダを動かす、すべての人のバストを救え。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
TORCH
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集