[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

【名珍場面特別編】 こんなPK見たことない!? 奇抜すぎる“キック後”にSNS爆発「これは一体なに…」

新型コロナウイルス感染拡大の影響で、多くのスポーツイベントが延期、中止を余儀なくされている。スポーツロスに嘆くファンへ向け、過去の様々な競技で盛り上がったシーンを「名珍場面特別編」としてプレーバック。今回は2018年10月に海外サッカーで起きた衝撃の“バック宙PK”だ。PKを蹴った選手がそのままバック宙を決め、ついでゴールも決めるという破天荒なゴラッソを炸裂。実際の瞬間を海外メディアが動画付きで紹介し、海外ファンに衝撃が走った。

ロシアで仰天のPKが決まり話題を呼んだ(写真はイメージ)【写真:Getty Images】
ロシアで仰天のPKが決まり話題を呼んだ(写真はイメージ)【写真:Getty Images】

スポーツロスに嘆くファンへ「名珍場面特別編」―2018年のサッカー界屈指の奇抜なPK

 新型コロナウイルス感染拡大の影響で、多くのスポーツイベントが延期、中止を余儀なくされている。スポーツロスに嘆くファンへ向け、過去の様々な競技で盛り上がったシーンを「名珍場面特別編」としてプレーバック。今回は2018年10月に海外サッカーで起きた衝撃の“バック宙PK”だ。PKを蹴った選手がそのままバック宙を決め、ついでゴールも決めるという破天荒なゴラッソを炸裂。実際の瞬間を海外メディアが動画付きで紹介し、海外ファンに衝撃が走った。

【特集】「本当に応援したくなるような戦いを」闘将が日本代表に伝えたいメッセージ / サッカー・田中マルクス闘莉王インタビュー(GROWINGへ)

 奇想天外の“バック宙PK”を決めたのは、ロシアリーグのU-21ルビンカザンのノリク・アヴダリアンだった。10月のラウル戦、後半9分の場面だった。

 ボールをセットしてGKと対峙したアヴダリアン。主審の笛を聞き、ゆったりと助走をつけ、右足を振り抜いた。次の瞬間だった。振り上げた右足の勢いそのままに跳び上がると、なんと空中でくるっと後方に宙返り。着地をぴたっと決めると同時にボールはクロスバーをかすめ、ゴールラインを割ったのだ。予期せぬ動きに惑わされたのか、GKは一歩も動くことはできなかった。

 相手選手がポカンとした表情で立ち尽くす中、会心の“バック宙PK”を炸裂させたアヴダリアンは両手を広げて大喜び。仲間に祝福され、歓喜を爆発させていた。前代未聞の破天荒なゴラッソを海外メディアも反応。米スポーツ専門局「FOXスポーツ」のアジア版、オランダ版の公式インスタグラムは衝撃の瞬間を動画付きで公開すると、大反響を呼んだ。

1 2 3
インハイTV
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
ジャパンラグビートップリーグ2020 1月12日(日)開幕
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集