[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

【甦るラグビーW杯】「また来たいと思える国だった」 日本を体験した英記者回顧「ユニークな文化の故郷」

新型コロナウイルス感染拡大の影響で、多くのスポーツイベントが延期、中止を余儀なくされている。日本が元気を失いかけている今、振り返りたいのが昨秋のラグビーワールドカップ(W杯)だ。グラウンド内外で様々なドラマが生まれた大会の名珍場面を「甦るラグビーW杯」としてプレーバックする。今回は、英メディアが日本文化を振り返った大特集を再度紹介。英最大手の衛星放送「スカイスポーツ」は、大会を取材した記者が実際に肌で触れた日本文化を振り返り「また戻ってきたいと思える場所だった」などと記した。

ラグビー日本代表【写真:Getty Images】
ラグビー日本代表【写真:Getty Images】

新型コロナ禍の今こそ「ONE TEAM」に―ラグビーW杯の名珍場面を連日回想

 新型コロナウイルス感染拡大の影響で、多くのスポーツイベントが延期、中止を余儀なくされている。日本が元気を失いかけている今、振り返りたいのが昨秋のラグビーワールドカップ(W杯)だ。グラウンド内外で様々なドラマが生まれた大会の名珍場面を「甦るラグビーW杯」としてプレーバックする。今回は、英メディアが日本文化を振り返った大特集を再度紹介。英最大手の衛星放送「スカイスポーツ」は、大会を取材した記者が実際に肌で触れた日本文化を振り返り「また戻ってきたいと思える場所だった」などと記した。

【注目】「大人の私も受けたい」とネット話題 誰でも観られる「オンラインエール授業」はこちらから(過去のアーカイブ動画も視聴可能)

 記事は「2019日本ラグビーW杯でのユニークな経験」との見出しで特集。「アジアで初めて開催されたラグビーW杯の無条件の成功」と称賛した上で「南アフリカの優勝で幕を閉じた2019ラグビーW杯、何千もの人々が世界へ帰国した。そんな中、以下のような経験、発見を記していきたい」と切り出し、大会期間中の体験談を記した。日本についての紹介がなんともユーモラスだった。

「寿司、スモウ、侍、ポケモンそして、富士山を生んだ場所、日本。もちろんアニメと折り紙もそうさ。新幹線と無敵のテクノロジーもこの国は誇る」

「モンスター級の横断歩道、握手はしないがお辞儀をする文化、自動ドア搭載タクシーを操る白い手袋をしたタクシー運転手、温度調節機能がついた公衆トイレ」

「完璧な交通機関、近未来的なタッチパネルが横に付いた暖房便座、500万台を超える自動販売機、これは日本国民22人につき1台の割合だ」

 ハイテク化した日本のトイレ事情も含め、日本が世界に誇る文化を紹介。さらに「ずっと手厚いもてなしをしてくれて、笑顔で手助けをしてくれる人々」とおもてなしの精神にも触れた。そんな独特の発展を遂げている東洋の島国に対し、記者は大きな感銘を受けた様子だった。

1 2
インハイTV
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」はプロ野球ライブ中継&見逃し配信
カラダを動かす、すべての人のバストを救え。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
TORCH
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集