[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

白井健三、ゆか圧巻V3に世界が絶賛「圧倒的だった」「まばゆい輝き放った」

体操の世界選手権(カナダ・モントリオール)は7日(日本時間8日)、種目別決勝が行われ、男子床で白井健三(日体大)は15.633点で2大会連続3度目の金メダルを獲得した。同一種目別で優勝3度は日本人初となる快挙を海外も反応。「まばゆい輝きを放った」「圧倒的だった」と絶賛している。

世界選手権種目別・床運動で3度目V…広がる称賛「シライが再び床のキングに輝いた」

 体操の世界選手権(カナダ・モントリオール)は7日(日本時間8日)、種目別決勝が行われ、男子床で白井健三(日体大)は15.633点で2大会連続3度目の金メダルを獲得した。同一種目別で優勝3度は日本人初となる快挙を海外も反応。「まばゆい輝きを放った」「圧倒的だった」と絶賛している。

「ひねり王子」と呼ばれた床のスペシャリストが輝いた。

 白井は、自らの名前がついたH難度「シライ3(後方伸身2回宙返り3回ひねり)」を決めるなど、圧巻の演技を披露。演じ切ると、両手をポンポンと2度叩いて左手でガッツポーズを繰り出した。表情に浮かんだ笑み。これが、いかに納得の演技だったかを示していた。

 表示されたスコアは15.633点をマーク。大本命に推された昨年のリオデジャネイロ五輪ではミスが響いて4位に終わっていたが、本領を発揮し、表彰台の真ん中に上ってみせた。

1 2 3
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
BNPパリバ・オープン、ダゾーン独占中継
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集