[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

規格外飛ばし屋がガラス張りで… 危険な打撃練習が300万超反響「失敗したら…」

米大リーグは新型コロナウイルス感染拡大により、開幕が延期。オープン戦も中止となり、野球のない日々が続いている。そんな中、レンジャーズのジョーイ・ギャロ外野手(米国)は自宅のリビングで打撃練習をしている様子をツイッターで公開。ガラス張りの部屋でのティー打撃動画は300万再生を突破し、「窓を突き破るのを期待」「すごい眺めだね」などファンからは多数のコメントが寄せられている。

レンジャーズのジョーイ・ギャロ【写真:Getty Images】
レンジャーズのジョーイ・ギャロ【写真:Getty Images】

レンジャーズのギャロが自宅室内での打撃練習を公開

 米大リーグは新型コロナウイルス感染拡大により、開幕が延期。オープン戦も中止となり、野球のない日々が続いている。そんな中、レンジャーズのジョーイ・ギャロ外野手(米国)は自宅のリビングで打撃練習をしている様子をツイッターで公開。ガラス張りの部屋でのティー打撃動画は300万再生を突破し、「窓を突き破るのを期待」「すごい眺めだね」などファンからは多数のコメントが寄せられている。

【特集】【注目】「大人の私も受けたい」とネット話題 誰でも観られる「オンラインエール授業」はこちらから(過去のアーカイブ動画も視聴可能)

 ティーにボールを置き、ネットに向かって黙々とスイングを続けるギャロ。普通の練習風景かと思えばそうではない。なんと練習しているのは、ソファや椅子がおかれた自宅のリビング。しかもネットの後ろには大きなガラス窓があり、打球が当たれば割れることは間違いない。そんな環境でも、長距離砲はフルスイングをしている。

 豪メディア「news.com.au」は、「有名野球選手ジョーイ・ギャロ、自己隔離中に設置した即席バッティングケージで近隣から怒りを買う恐れ」と記事を掲載。「(ギャロは)この即席のバッティングケージについて誰からも苦情が来ないことを願っているという」と記している。一方のギャロは自身のツイッターで「隔離が終わっているころには、ご近所さんたちは俺のことを大嫌いになっているだろう」とつづり、実際の動画を公開。再生回数300万超の大反響となっており、コメントも多数寄せられている。

「窓を開けて、どこまでボールを飛ばせるか見てごらんよ」
「ガラス窓……、無事に終わらないだろうな」
「ご近所に少しでも気を使ってもらえれば最高なんだが」
「失敗したら高くつくよ」
「窓を突き破るのを期待」
「すごい眺めだね」
「これでシーズンのヒットは200本超えるかな」

 MLB通算110本塁打、2017年からの3年間では103発を記録している一方、2018年にはシーズン歴代10位の207三振を喫するなどフルスイングが持ち味のギャロ。ご近所さんのためにも、新型コロナウイルスの影響が終息して、野外で思い切りスイングできるようになることを願いたい。

1 2
インハイTV
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」はプロ野球ライブ中継&見逃し配信
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集