[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

日本はお株を奪った? 辛勝も敵国メディアが脱帽した「奇妙なこと」とは…

サッカーのキリンチャレンジカップ2017(豊田)は6日、日本代表が2-1でニュージーランド代表に勝利した。後半42分のMF倉田秋(G大阪)の決勝ゴールで辛勝したが、敗れたニュージーランドの地元メディアは「日本は名古屋で一級品すぎることを証明した」と称賛している。

ニュージーランドメディア、お株奪った日本の攻撃に脱帽「一流すぎることを証明した」

 サッカーのキリンチャレンジカップ2017(豊田)は6日、日本代表が2-1でニュージーランド代表に勝利した。後半42分のMF倉田秋(G大阪)の決勝ゴールで辛勝したが、敗れたニュージーランドの地元メディアは「日本は名古屋で一級品すぎることを証明した」と称賛している。

「日本は名古屋で一級品すぎることを証明し、遅れてきた勝者はオール・ホワイツを沈めた」と報じたのは、ニュージーランド情報誌「stuff」だ。

 試合は1-1で迎えた後半42分、MF倉田がヘディングで決勝ゴール。日本にとっては辛くも勝利をものにしたが、記事では「この日は大半の時間を日本が支配した試合だった」と論評している。

 記事では、ニュージーランド本来の攻撃を、お株を奪うように展開した日本に脱帽している。

「奇妙なことに、我々の武器であるはずのロングボールによる攻撃で日本はベストな仕事をこなしていた。それは、ニュージーランドの大柄な選手たちの裏のスペースを牛耳る戦法だった」

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
GW世界最高峰のサッカーがDAZN独占
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集