[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

“太りすぎ陥落”ルイス、体重管理は困難か 新トレーナーが痛烈苦言「彼は摂食障害」

ボクシングの前WBAスーパー&IBF&WBO王者のアンディ・ルイス(米国)は、昨年12月にアンソニー・ジョシュア(英国)との世界ヘビー級タイトルマッチで自身最重量の128.4キロを記録し、敗北を喫した。海外メディアから太り過ぎと批判を集めていたが、トレーナーのテディ・アトラス氏は「彼は摂食障害を抱えている」と苦言を呈している。米メディア「ボクシングニュース24」が報じている。

アンディ・ルイス【写真:Getty Images】
アンディ・ルイス【写真:Getty Images】

タイソンの元トレーナー・アトラス氏、アンディ・ルイスの体重を制御できるか

 ボクシングの前WBAスーパー&IBF&WBO王者のアンディ・ルイス(米国)は、昨年12月にアンソニー・ジョシュア(英国)との世界ヘビー級タイトルマッチで自身最重量の128.4キロを記録し、敗北を喫した。海外メディアから太り過ぎと批判を集めていたが、トレーナーのテディ・アトラス氏は「彼は摂食障害を抱えている」と苦言を呈している。米メディア「ボクシングニュース24」が報じている。

【注目】ママアスリートの先駆者、クレー射撃・中山由起枝が変えたい日本社会の理解度

 新たにルイスのトレーナーに就任した63歳のアトラス氏は、かつてマイク・タイソンも指導した名伯楽。昨年12月のジョシュアとの再戦でキャリア最重量128.4キロで判定負けした。パーティー三昧の日々を後悔していたが、食生活に問題を抱えているという。

「ルイスのような若者は問題を抱えているんだ。残酷に響くかもしれない。そんなつもりはないのだが、真実は時として残酷だ。彼は摂食障害を抱えている。もしも、ドラッグから本当に救いたい子どもがいた時、みんなどうする?」

 記事によると、ラジオ局「SiriusXM」に登場したアトラス氏はこう語ったという。世界戦で披露したぽっちゃりボディーの理由は制御困難な食欲だという。

「彼にとって居心地のいいものを遠ざけるべきと理解するには、ドラッグのカウンセラーである必要はない。その環境から離れないといけない。ルイスにとっても同じことなんだ」

1 2
インハイTV
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」はプロ野球ライブ中継&見逃し配信
NIPPONを走ろう。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集