[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

カシメロ、井上尚弥戦延期でも母国に戻らず 現地合宿継続「延期に過ぎない」

4月25日(同26日)に米ラスベガスで予定されていたWBAスーパー&IBF世界バンタム級王者・井上尚弥(大橋)対WBO同級王者ジョンリエル・カシメロ(フィリピン)の3団体統一戦は米国における新型コロナウィルス感染拡大の影響で延期となった。米国で1か月以上の合宿を行い、中止直前にラスベガス入りしていたカシメロは「中止ではない。延期だ」と声明を発表。統一戦仕切り直しまでベガス合宿を継続する方針を明らかにしている。フィリピン地元紙「フィリピンスター」が報じている。

ジョンリエル・カシメロ【写真:Getty Images】
ジョンリエル・カシメロ【写真:Getty Images】

早期ラスベガス入りのカシメロ、仕切り直しへ現地でのトレーニングを継続

 4月25日(同26日)に米ラスベガスで予定されていたWBAスーパー&IBF世界バンタム級王者・井上尚弥(大橋)対WBO同級王者ジョンリエル・カシメロ(フィリピン)の3団体統一戦は米国における新型コロナウィルス感染拡大の影響で延期となった。米国で1か月以上の合宿を行い、中止直前にラスベガス入りしていたカシメロは「中止ではない。延期だ」と声明を発表。統一戦仕切り直しまでベガス合宿を継続する方針を明らかにしている。フィリピン地元紙「フィリピンスター」が報じている。

【PR】高校駅伝26年ぶり男女日本一の仙台育英 “名門復活”を叶えたコンディション作り

 コロナ禍の影響で興行延期が相次いだボクシング界。井上のラスベガスデビュー戦も延期となったが、対戦相手のカシメロは闘志を滾らせたままだ。

「これは延期に過ぎず、キャンセルではない。依然として、今年、バンタム級統一王者としてジョンリエル・カシメロの名前が刻まれることになるだろう。試合が開催されるまで、自分のレベルを上げ続ける」

 強気一辺倒のフィリピン人ファイターのコメントを記事では紹介。相変わらず勝利を確信してやまない様子で、仕切り直しとなった統一戦に向けて意気込みは変わらない。

 中止決定直前にマイアミからベガス入りしていたカシメロだが、プロモーターのショーン・ギボンズ氏によると母国フィリピンに戻るつもりはないという。

「彼はラスベガスに留まり、トレーニングを行う。5月か6月にはアメージングなコンディションになるだろう。どんなことでも起こり得る。決定を下すために、15日か30日間様子を見る必要がある」

 新型コロナ感染拡大の一途を辿る米国だが、いつ試合が行われても対応すべくカシメロはベガスで牙を研ぎ続けるつもりのようだ。

(THE ANSWER編集部)

ジャパンラグビートップリーグ2020 1月12日(日)開幕

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
ジャパンラグビートップリーグ2020 1月12日(日)開幕
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集