[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

メッシ、相手選手に“足首踏み付け”で海外ファン物議「一発レッドじゃないの?」

海外サッカー、スペインリーグ1部バルセロナのアルゼンチン代表FWリオネル・メッシが演じたプレーが海外で物議を醸している。7日(日本時間8日)のレアル・ソシエダ戦の前半29分、相手のスライディングを受けた際に足を踏みつけるようなシーンが発生。海外メディアが実際のシーンを動画付きで公開し、ファンの間で「一発レッドじゃないのか?」などの声が上がっているという。英メディア「ギブミースポーツ」が報じている。

リオネル・メッシ【写真:Getty Images】
リオネル・メッシ【写真:Getty Images】

ソシエダ戦で相手選手と接触、英メディアは「メッシに批難集まる」と報道

 海外サッカー、スペインリーグ1部バルセロナのアルゼンチン代表FWリオネル・メッシが演じたプレーが海外で物議を醸している。7日(日本時間8日)のレアル・ソシエダ戦の前半29分、相手のスライディングを受けた際に足を踏みつけるようなシーンが発生。海外メディアが実際のシーンを動画付きで公開し、ファンの間で「一発レッドじゃないのか?」などの声が上がっているという。英メディア「ギブミースポーツ」が報じている。

【特集】「自分がそこで負けないこと」なでしこジャパンで立つ“夢舞台”へ秘める闘志 / サッカー・清水梨紗インタビュー(GROWINGへ)

「バルセロナのリオネル・メッシに非難集まる。レアル・ソシエダの選手への“踏みつけ”に対し」と報じた記事によると、当該シーンは0-0で迎えた前半29分だ。敵陣コーナーポスト付近でDFディエゴが持つボールを奪いに行こうとした際、バランスを崩して倒れ込んだジョレンテに対し、勢い余ってメッシが足首を踏みつけるような形に。一歩間違えば、危険なプレーだった。

 この日は前半42分のMFミケル・メリノに対するディレイスライディングでキャリア初の3試合連続イエローカードを受けたが、記事では“踏み付け”のシーンについても「メッシのプレーにソーシャルメディア上では物議が醸されている」と記述。「幸運にもメッシはレッドカードを免れたと指摘されている」と報じている。

 実際にSNS上で上がった海外ファンの声も紹介しており、「FC VARセロナ」「これがセルヒオ・ラモスだったら、退場になっているね(笑)」「一発レッドじゃないのか?」「ロナウドだったら、こんなことしなかった」「当然レッドカードだ! でも、そうではないのがメッシでありバルセロナ。だから驚かないよ」「腹が立つ選手だ」などと辛辣な声が上がっていたという。

 故意にやったようには見えないが、多くのゴールを量産してきたトップ選手の代償とあってか、批判を浴びたメッシ。ただし、後半36分に自らがゴールを挙げ、1-0で勝利に導いた。

1 2
インハイTV
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」はプロ野球ライブ中継&見逃し配信
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集