[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

一山麻緒、「鬼鬼メニュー」で五輪内定 ワコール監督「4年前、『五輪は君で行くよ』と」

残り1枠の東京五輪代表切符を争う名古屋ウィメンズマラソンが8日、ナゴヤドーム発着の42.195キロで行われ、一山麻緒(ワコール)が2時間20分29秒で初優勝。1月の大阪国際で松田瑞生(ダイハツ)が記録した2時間21分47秒を上回り、東京五輪女子マラソン最後の代表に内定した。2013年の木崎良子(ダイハツ)以来、7年ぶりとなる日本人優勝。タイムは日本人歴代4位。2003年の大阪国際で野口みずき(グローバリー)が記録した2時間21分18秒を上回り、同国内最高記録となった。

東京五輪に内定した一山麻緒【写真:石渡史暁】
東京五輪に内定した一山麻緒【写真:石渡史暁】

松田瑞生の記録を見据えた「鬼鬼メニュー」の練習、永山監督「脳に覚えさせた」

 残り1枠の東京五輪代表切符を争う名古屋ウィメンズマラソンが8日、ナゴヤドーム発着の42.195キロで行われ、一山麻緒(ワコール)が2時間20分29秒で初優勝。1月の大阪国際で松田瑞生(ダイハツ)が記録した2時間21分47秒を上回り、東京五輪女子マラソン最後の代表に内定した。2013年の木崎良子(ダイハツ)以来、7年ぶりとなる日本人優勝。タイムは日本人歴代4位。2003年の大阪国際で野口みずき(グローバリー)が記録した2時間21分18秒を上回り、同国内最高記録となった。

【注目】「大人の私も受けたい」とネット話題 誰でも観られる「オンラインエール授業」はこちらから(過去のアーカイブ動画も視聴可能)

 一山の所属するワコールの永山忠幸監督は、レース後に取材対応。五輪切符を手にした教え子の記録に「想定内ですね。(2時間)21分を切れると思っていました」と説明。「国内最高は是が非でも出さないと、せっかく今、他の選手の皆さんも松田さんが21分47秒で走られた。記録を出せるだけの選手を指導させていただいている以上は、出せるように挑戦させないといけないと思っていた」。今大会に向けて30キロ以降のペース配分を強化。5キロごと松田のラップタイムを意識させて終盤の強さを生んだ。

「今日のタイムの布石は、去年の東京マラソンでそのタイムを想定してやってきた。一山にとってはハードルの高い練習ではなかったと思います。彼女と体と脳にそのペースを覚えさせたということですね。練習ではできていた。アルパカーキの高地であれだけのペースを臆することなくできていたので、イメージとしては転ばなければ、お腹が痛くならなければいけると確信していた」

 鹿児島・出水中央高時代は目立った実績はなかったが、「彼女が4年前に入社した時に『(永山監督の)5回目の五輪はマラソンで君で行くよ』と言って、彼女も日本代表としてマラソンで行きたいということだった。僕は常に頭の中にそのことを入れておいて、彼女をこの4年間見てきたつもりです」と師弟の絆を明かした。当時の印象については「福士を4年前に見た時と同じように一山は練習でのポカはありません。彼女は『鬼メニュー』とか『鬼鬼メニュー』とか言っていますけど(笑)。僕は大したことはないと思っています」と笑った。

 トラックを含め5度目の五輪出場を目指した福士加代子、この日2位の安藤友香とともにワコールで切磋琢磨。「自分が日本のトップ3になかなか入れない状況ともどかしさがあったと思う。もっと高いレベルで走りたいという思いがあり、メンタル面で自分自身を見失った部分があった」と心境を思いやり「それから駅伝というイベントの中でチームキャプテンとして、駅伝から一気にモチベーションを上げてくれた」と浮上のきっかけを明かした。

 東京五輪を内定させ、8月に期待が膨らむ。永山監督は「とにかく素直な子なので、純粋に強くなりたいという思いを持っていた。もっとこれから鬼になると思っていますけど、そういうことに臆することなくやってくれる」と期待した。

(THE ANSWER編集部)

「DAZN」はプロ野球ライブ中継&見逃し配信

インハイTV
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」はプロ野球ライブ中継&見逃し配信
カラダを動かす、すべての人のバストを救え。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
TORCH
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集