[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

メイウェザーがヘビー級戦線予想 ジョシュア、フューリーは「厳しい立場」と語るワケ

ボクシングの元5階級制覇王者のフロイド・メイウェザー(米国)が、ヘビー級の今後を大胆予想した。現在はタイソン・フューリー(英国)がWBC同級王者、アンソニー・ジョシュア(英国)がその他3団体の王者に君臨しているが、どちらも「厳しい立場にいる」と警告。スポットライトを浴びる別の選手が現れると考えているようだ。海外メディアが報じている。

フロイド・メイウェザー【写真:Getty Images】
フロイド・メイウェザー【写真:Getty Images】

現王者の2人へは辛口「世界中に素晴らしいファイターがいる」

 ボクシングの元5階級制覇王者のフロイド・メイウェザー(米国)が、ヘビー級の今後を大胆予想した。現在はタイソン・フューリー(英国)がWBC同級王者、アンソニー・ジョシュア(英国)がその他3団体の王者に君臨しているが、どちらも「厳しい立場にいる」と警告。スポットライトを浴びる別の選手が現れると考えているようだ。海外メディアが報じている。

【PR】感性の鋭いアスリートが集う陸上日本代表 ごまかしの利かない勝負を支えた「乳酸菌B240」の効果

 英紙「デイリー・スター」は、「フロイド・メイウェザーがタイソン・フューリーとアンソニー・ジョシュアに警告しながらヘビー級の今後の展望を大胆予想」との見出しで記事を掲載。「フロイド・メイウェザーは『多くの声援を集める』新しいヘビー級のファイターの存在と、フューリーとジョシュアの支配する時代の終焉に注目している」と現状のヘビー級戦線が大きく変動すると考えていることを伝えている。

 フューリーは前WBC同級王者デオンテイ・ワイルダー(米国)と3度目の決戦を7月に行い、ジョシュアはIBF1位クブラト・プレフ(ブルガリア)と6月に防衛戦を行う見通しであると、複数の海外メディアが報じている。互いに防衛すれば、4団体統一戦が行われる可能性もあるが、同紙は「メイウェザーはどちらが王者になってもそれを長く保持することはないだろうと感じている」とつづり、“マネー”の言葉をこう伝えている。

「今日誰かが勝ち、でも明日負ける世界だ。当たり前のことだ」「ジョシュアは厳しい立場に居て、フューリーも同じだ。どちらが勝つかはあまり関係ない」「ボクシングは世界中に素晴らしいファイターがいる。そういう選手はどんな時もスポットを浴びる準備が出来ているんだ」

 チャンピオンの立場を守り続けることは難しいと2人に警告。そのうえで別の主役の登場にも言及しているという。メイウェザーは「多くの声援を浴びるヘビー級の選手が、英国でもなく、米国でもないところから現れるだろう」と発言しているとも伝えられている。果たして“未来予想図”の通り、近い将来に新王者が誕生するのか、注目だ。

(THE ANSWER編集部)

ジャパンラグビートップリーグ2020 1月12日(日)開幕

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
ジャパンラグビートップリーグ2020 1月12日(日)開幕
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集