[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

八村塁、成長の鍵は後半にある? 米記者が指摘した「試合全体で見せるべき」点とは

米プロバスケットボール(NBA)のウィザーズは4日(日本時間5日)、敵地でトレイルブレイザーズと対戦し、105-125で2連敗。西海岸へのロード4連戦を1勝3敗で終えた。復帰以降、12試合連続先発の八村塁は28分31秒の出場時間で11得点、4リバウンド、自己最多タイの4アシストを記録。8戦連続の2桁得点と活躍を続けているが、米記者はこの試合の前の時点で八村の「キャッチ&ゴー」を称賛するとともに、課題を指摘している。

8戦連続の2桁得点と活躍中の八村塁【写真:Getty Images】
8戦連続の2桁得点と活躍中の八村塁【写真:Getty Images】

八村塁の長所と課題、米リポーターが注目した「キャッチ&ゴー」とは

 米プロバスケットボール(NBA)のウィザーズは4日(日本時間5日)、敵地でトレイルブレイザーズと対戦し、105-125で2連敗。西海岸へのロード4連戦を1勝3敗で終えた。復帰以降、12試合連続先発の八村塁は28分31秒の出場時間で11得点、4リバウンド、自己最多タイの4アシストを記録。8戦連続の2桁得点と活躍を続けているが、米記者はこの試合の前の時点で八村の「キャッチ&ゴー」を称賛するとともに、課題を指摘している。

【特集】「泳いで、漕いで、走って」51.5キロ 過酷な競技に魅せられたワケ / トライアスロン・佐藤優香インタビュー(GROWINGへ)

 日本の黄金ルーキーに注目したのは、米放送局「NBCスポーツ・ワシントン」のリポーター、チェイス・ヒューズ氏だった。同氏がピックアップしたのは、八村の積極果敢なドライブ。自身のツイッターで公開した動画では、スリーポイントエリア手前でパスを受けた背番号8がすぐさまドリブルで切り込み、2人のディフェンスの間を突破。3人目のブロックをかわしながらレイアップで得点を決めた。

 普段からウィザーズを取材しているヒューズ氏は、文面に「ルイ・ハチムラの素晴らしいキャッチ&ゴー。彼は通常、第1Qでは攻撃から雰囲気を作るのが本当にうまい」と記している。序盤にチームを勢いづけるスピードプレー。現在、イースタン・カンファレンス9位でプレーオフ争いをするチームに勢いをもたらしていることを称賛している。

 だが、ヒューズ氏は「この積極性をゲームを通じて見せる必要がある」と指摘している。今季、八村は故障で欠場した期間を除き、出場全37試合に先発。試合が進むにつれて、同氏が期待する「キャッチ&ゴー」の場面が減っているという。

 ルーキーイヤーにNBAでレギュラーを奪うという、日本人にない偉業を成し遂げている背番号8。少しずつ課題を埋めながら、さらなる高みに到達してくれるはずだ。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
ジャパンラグビートップリーグ2020 1月12日(日)開幕
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集