[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

ジョーンズJr.がダンクコンテスト初優勝 決勝再延長で決着、衝撃ダンク連発に会場騒然

米プロバスケットボール(NBA)オールスター・ウィークエンドは15日(日本時間16日)、恒例の「AT&Tスラムダンク」が行われ、ヒートのデリック・ジョーンズJr.が優勝を果たした。

ヒートのデリック・ジョーンズJr.【写真:AP】
ヒートのデリック・ジョーンズJr.【写真:AP】

35回目を迎えたダンクコンテスト、ピッペン、ウェイドらが審査員

 米プロバスケットボール(NBA)オールスター・ウィークエンドは15日(日本時間16日)、恒例の「AT&Tスラムダンク」が行われ、ヒートのデリック・ジョーンズJr.が優勝を果たした。

【注目】「大人の私も受けたい」とネット話題 誰でも観られる「オンラインエール授業」はこちらから(過去のアーカイブ動画も視聴可能)

 35回目を迎えるダンクコンテスト。今年はバックスから初出場のパット・カナトン、マジックから2016年準優勝のアーロン・ゴードン、レイカーズから2008年勝者のドワイト・ハワード、ヒートから2017年準優勝のデリック・ジョーンズJr.が出場し、過去にないほどの猛者揃いとなった。

 ブルズのレジェンド、スコッティ・ピッペンやヒートの英雄、ドウェイン・ウェイドを含む5人が審査員席に座った今大会、予選1回目のダンクでゴードンが“ビトウィーン・ザ・レッグズリバース”を決め、いきなり50点満点を叩き出す。予選2回目のダンクでは“スーパーマン”ハワードが復活。49点を記録するも、続くカナトンとジョーンズがいずれも50点満点をマーク。最後のゴードンも50点満点の評価を得て、予選2回の合計が100点満点のゴードンと96点のジョーンズが決勝へ進出した。

 決勝1回目では、ジョーンズがリストリクションエリア付近で、頭の上にボールを持った人物の上を悠々とジャンプしてボールを掴み、リングへ叩き込んだ。50点満点をマークすると、続くゴードンも同じく形でセット。しかしゴードンはダンクの際にリバースでボールを叩き込み、こちらも譲らず50点満点をマークした。

 決勝2回目もジョーンズは同じ形でセット。今度はボールを持った人物がバックボードにボールを当てると、走ってきたジョーンズが空中でキャッチし、さらにボールを足の間に通してからダンク。またもや50点満点を記録した。ゴードンは、ペイント内のベースライン付近にマジックのチームメイト、マーケル・フルツを立たせ、バックボードの側面にボールを当てされると、それを空中でキャッチしつつ一回転してダンク。50点満点をマークして延長戦へと突入した。

 決勝延長戦でジョーンズはゴードンと同じ形でセット。空中でボールをキャッチすると足の間を通してからダンクを決め、またもや50点満点をマークした。続くゴードンは決勝1回目と同じ形でセットし、ボールを空中でつかむと足の間を通してからダンク。50点満点をマークして勝負は再延長へ。

 決勝再延長で、ジョーンズはハーフラインを優に越えた付近から助走をつけると、フリースローライン付近からジャンプしてウィンドミルを叩き込んだ。48点を出すと、続くゴードンは、リストリクションエリア付近にタッコ・フォールを頭の上にボールを持って立たせると、その頭上を、跳び箱を越えるようにしてボールを掴んでダンク。会場はゴードンの勝利を確信したものの、得点は47。ジョーンズが初優勝を飾った。

1 2
インハイTV
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」はプロ野球ライブ中継&見逃し配信
NIPPONを走ろう。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集