[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

八村塁、復帰後最少の8得点も連勝に貢献 復帰後チームは3勝2敗で20勝到達

米プロバスケットボール(NBA)のウィザーズは12日(日本時間13日)、敵地でニックスと対戦。オールスター前最後の試合に114-96で勝利し、20勝目をあげた。怪我からの復帰以降、5試合連続スタメン出場となった八村塁は23分6秒の出場で、8得点、5リバウンド、1アシストを記録した。

ウィザーズ・八村塁【写真:AP】
ウィザーズ・八村塁【写真:AP】

敵地ニックス戦で復帰後5戦連続のスタメン出場

 米プロバスケットボール(NBA)のウィザーズは12日(日本時間13日)、敵地でニックスと対戦。オールスター前最後の試合に114-96で勝利し、20勝目をあげた。怪我からの復帰以降、5試合連続スタメン出場となった八村塁は23分6秒の出場で、8得点、5リバウンド、1アシストを記録した。

【特集】【PR】自称「ヘビーユーザー」 Jリーグ得点王にDAZN(ダゾーン)が欠かせないワケ

 11日のブルズ戦から連戦となったこの日。復帰以降好調を維持する八村は、第1クォーター(Q)開始から積極的な姿勢でゴール下を攻めるも、最初の2本のシュートは失敗。しかしディフェンス面では、相手のポンプフェイクに対して粘り強く守り、結果的にゴールテンディングを取られたものの、ブロックショットを試みるシーンも見られた。

 第2Q残り7分54秒に再びコートに戻った八村は、第1Qにつづきシュートが入らない。前半で5本シュートを放つも、ダンク1本しか決められず、2得点で前半を終えた。この日のウィザーズはディフェンスで相手のミスを誘発。前半だけで10のターンオーバーを奪い試合を有利に進める。しかし第2Q終盤にミスが出て逆転を許し、46-50で試合を折り返した。

 第3Qでチーム最初の得点を、得意のプルアップジャンパーで決めた八村は、1分経たないうちにトランジションから素早くゴール下へ走り込みレイアップ成功。さらに相手のファウルを誘ってアンドワンを獲得。フリースローは外したものの、後半はいい出だしを切った。

 最終Qにはニックスのボビー・ポーティスとウィザーズのモリツ・ワグナーが、それぞれ退場になるなど落ち着かない試合に。八村は残り5分18秒の場面でコートに復帰し、残り2分10秒まで体を張ったプレーを続けた。8得点は復帰後最少だったが、チームはブルズ戦に続いて連勝。ルーキーの復帰後、チームは3勝2敗と上昇気流にのっている。

1 2
インハイTV
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」はプロ野球ライブ中継&見逃し配信
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集