[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

日本選手権女王・御家瀬緑が11秒51で貫録の100m連覇「負けられない気持ちあった」

全国高校総体(インターハイ)は陸上第2日は5日、沖縄・タピック県総ひやごんスタジアムで各種目が行われ、女子100メートル決勝で6月の日本選手権を制した御家瀬緑(3年=恵庭北)が11秒51(向かい風0.1メートル)で貫禄の連覇を達成した。

女子100メートルで連覇を達成した御家瀬(左)【写真:奥井隆史】
女子100メートルで連覇を達成した御家瀬(左)【写真:奥井隆史】

準決勝で大会新11秒50記録「目標にしていた連覇ができてうれしい」

 全国高校総体(インターハイ)は陸上第2日は5日、沖縄・タピック県総ひやごんスタジアムで各種目が行われ、女子100メートル決勝で6月の日本選手権を制した御家瀬緑(3年=恵庭北)が11秒51(向かい風0.1メートル)で貫禄の連覇を達成した。

 選手権女王が格の違いを見せつけた。御家瀬は前半、スタートを決めた隣のレーンに引っ張られるように走り、残り30メートルで先頭に立つと、そのまま押し切った。レース後は「目標にしていた連覇を達成できてうれしい。(レースは)全部いい感じで前半出て、後半落ち着いて走れた。最後は心に余裕もあった」と涼しげな顔で振り返った。

 準決勝では直前の組で三浦由奈(3年=柴田)が樹立した大会記録11秒61(追い風1.7メートル)をあっというまに更新し、11秒50(追い風1.0メートル)をマーク。決勝では向かい風となり、記録は及ばなかったが、堂々の連覇だ。「やっぱり負けられないという気持ちはあった」と意地もチラリと見えた。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
プレミアリーグ8月10日開幕 DAZN独占配信
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集