[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

東京五輪金メダル候補の兄に感謝 堤麗斗、「4冠」へ決勝進出「結果はついてくる」

全国高校総体(インターハイ)のボクシングは2日、宮崎市総合体育館で準決勝が行われ、ライト級では“令和の怪物”堤麗斗(2年=千葉・習志野)がフルマークの5-0判定で快勝。4つ目のタイトルへ、決勝に進出した。

決勝に進出した堤麗斗【写真:角野敬介】
決勝に進出した堤麗斗【写真:角野敬介】

インターハイボクシング、“令和の怪物”堤がダウン奪いフルマークで4冠王手

 全国高校総体(インターハイ)のボクシングは2日、宮崎市総合体育館で準決勝が行われ、ライト級では“令和の怪物”堤麗斗(2年=千葉・習志野)がフルマークの5-0判定で快勝。4つ目のタイトルへ、決勝に進出した。

 ついに堤の左が火を噴いた。第1ラウンド終了間際。サウスポーからの狙いすました左ストレートがクリーンヒット。相手はたまらずバランスを崩すと、レフェリーがスタンディングダウンを取った。

 RSC勝ちとはならなかったが、危なげなくポイントでは大差をつけて決勝進出。「明日は自分の力をしっかりと出せば結果はついてくると思う」とクールに決勝へ向けた意気込みを口にした。

 165センチとライト級では小柄な堤。この日の相手、祝聖哉(3年=福岡・豊国学園)は180センチで、実に15センチもの身長差があった。リーチ差もかなりのものだが、堤にとっては慣れたものだ。優勝した6月のハンガリーでの国際大会では、180センチ超えの海外選手とも拳を交えた。長身選手に対しては、「伸びあがらないように、下から攻めることが大事」と経験を生かしている。

1 2
インターハイ(インハイ.tv) | スポーツブル(スポブル)
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
プレミアリーグ8月10日開幕 DAZN独占配信
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集