[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

  • HOME
  • インハイ特集
  • 【競泳】萩野公介先輩へ「力届けられたら」 作新学院・遠藤光、1500m自で大接戦の全国初V

【競泳】萩野公介先輩へ「力届けられたら」 作新学院・遠藤光、1500m自で大接戦の全国初V

全国高校総体(インターハイ)の競泳(日本ガイシアリーナ)第3日は19日、男子1500メートル自由形決勝で遠藤光(3年=作新学院)が15分18秒95で全国大会初優勝を飾った。

男子1500メートル自由形で全国大会初優勝を飾った遠藤光(3年=作新学院)【写真:荒川祐史】
男子1500メートル自由形で全国大会初優勝を飾った遠藤光(3年=作新学院)【写真:荒川祐史】

インターハイ第3日、3位に10秒以上つける死闘制す「母に金メダルかけたい」

 全国高校総体(インターハイ)の競泳(日本ガイシアリーナ)第3日は19日、男子1500メートル自由形決勝で遠藤光(3年=作新学院)が15分18秒95で全国大会初優勝を飾った。

 15分に及ぶマラソンレースを大接戦の末に制した。2レーンの遠藤は隣を泳ぐ3レーンの菖池竜輝(3年=報徳学園)と抜け出し、中盤から2人のマッチレース。「前に出ていないと勝てない相手。自分の泳ぎに意識しながらも隣も意識した」と状況を見極めながら、終盤はリードを少しつけながら泳いだ。ラスト50メートルも激しいマッチレースとなったが、0秒27振り切った。

 3位に10秒以上をつける死闘。「最後はかなりキツかったけど、最後のインターハイで1位を獲ることを目標に1年間やってきたのでうれしい。母に金メダルをかけてあげたかった」と初めて掴んだ全国大会Vに笑みがこぼれた。自由形長距離は県内には競り合う相手がおらず、難しい環境だったが、常に隣にライバルがいることを思い、高い意識で取り組んできたことが生きた。

 作新学院といえば、リオデジャネイロ五輪400メートル個人メドレー金メダリスト・萩野公介(ブリヂストン)の母校でもある。地元出身で、偉大な先輩がいたことが進学の理由の一つになったという。「萩野さんのことはずっと応援していたし、作新の後輩として力が届けられたらうれしい」と遠藤。世界の舞台で活躍する憧れの大先輩へ届ける、立派な勇姿だった。

 ◇インターハイの競泳は17日から4日間にわたって熱戦が繰り広げられる。今大会は全国高体連公式インターハイ応援サイト「インハイTV」を展開。インターハイ全30競技の熱戦を無料で配信中。また、映像は試合終了後でもさかのぼって視聴でき、熱戦を振り返ることができる。

(THE ANSWER編集部)

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
SPORTS JAPAN GATHER: スポーツメディア ギャザー