[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

  • HOME
  • インハイ特集
  • 【バスケ】「明らかに力がない」からの23度目の頂点、常勝・桜花学園が勝ち切れる理由とは

【バスケ】「明らかに力がない」からの23度目の頂点、常勝・桜花学園が勝ち切れる理由とは

全国高校総体(インターハイ)バスケットボール女子で桜花学園は2連覇を狙った岐阜女子(岐阜)を70-61で破り、2年ぶりに夏の女王の座に返り咲いた。実に23回目の頂点だ。

全国高校総体(インターハイ)バスケットボール女子は桜花学園が2年ぶりに夏の女王の座に返り咲いた【写真:山田智子】
全国高校総体(インターハイ)バスケットボール女子は桜花学園が2年ぶりに夏の女王の座に返り咲いた【写真:山田智子】

インターハイ女子バスケ決勝、桜花学園が男女含め最多23度目優勝

「決勝戦が初めてで戦い方に慣れてないから、ダメですね。この舞台で何回も優勝する先生たちはすごいなと僕は思います」

 男子の決勝で敗れた中部大第一(愛知)の常田健コーチは、試合後こんな言葉を口にした。男女の違いはあれど、常田コーチが「この舞台で何回も優勝する先生」として間違いなく頭に思い浮かべたであろう一人は、桜花学園(愛知)の井上真一コーチだろう。

 全国高校総体(インターハイ)バスケットボール女子で桜花学園は2連覇を狙った岐阜女子(岐阜)を70-61で破り、2年ぶりに夏の女王の座に返り咲いた。実に23回目の頂点だ。

 毎年選手が入れ替わる部活動において、強さを保ち続けることは容易ではない。男女含めて最多の優勝回数を誇る絶対女王にも、“23者23様”の強さの理由や戴冠までのプロセスがあったはずだ。

「エース不在。明らかに力がない」と名伯楽が厳しい評価を下していた今年のチームは、始動当初は「インターハイ優勝のイメージは全く湧かなかった。東海大会に向けてチーム作りを進める中でも、反応が悪くてイライラしていた」と振り返る。

 6月に行われた東海大会の決勝では安城学園(愛知)に66-91の大敗を喫し、第1シードを失う。さらにインターハイの直前には主軸の伊森可琳(3年)が怪我で戦線離脱のアクシデントにも見舞われるなど、逆境の中でインターハイを迎えていた。

 そんな中、百戦錬磨の井上コーチは「今年のチームは今は力がないけど、大会を通して伸びていった経験が過去にあったので、一つずつ勝ち上がって、チームとしてレベルアップしていくようなチームにしたい」と2回戦の昭和学院(千葉)戦を前に選手に話したという。

1 2

山田 智子

愛知県名古屋市生まれ。公益財団法人日本サッカー協会に勤務し、2011 FIFA女子ワールドカップにも帯同。その後、フリーランスのスポーツライターに転身し、東海地方を中心に、サッカー、バスケットボール、フィギュアスケートなどを題材にしたインタビュー記事の執筆を行う。

全国高体連公式 インターハイ応援サイト
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
SPORTS JAPAN GATHER: スポーツメディア ギャザー