[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

  • HOME
  • インハイ特集
  • 【ハンドボール】盤石の氷見、春夏2冠王手 今大会1度もタイムアウトなし「こちらで切る必要がない」

【ハンドボール】盤石の氷見、春夏2冠王手 今大会1度もタイムアウトなし「こちらで切る必要がない」

全国高校総体(インターハイ)のハンドボール男子の準決勝が31日、三重県津市のサオリーナで行われ、センバツ優勝の氷見(富山)が北陸(福井)を37-30で退け、春夏2冠に王手をかけた。

ハンドボール男子の準決勝はセンバツ優勝の氷見が勝利【写真:山田智子】
ハンドボール男子の準決勝はセンバツ優勝の氷見が勝利【写真:山田智子】

ハンドボール男子決勝進出、“タイムアウトなし”に表れる絶大なる信頼

 全国高校総体(インターハイ)のハンドボール男子の準決勝が31日、三重県津市のサオリーナで行われ、センバツ優勝の氷見(富山)が北陸(福井)を37-30で退け、春夏2冠に王手をかけた。

「必ずギリギリの接戦になると思っていた」と氷見の徳前紀和監督が予想した通り、「いつも練習試合している」お互い知り尽くした北陸勢同士の対決は、試合開始直後から乱打戦の様相を見せる。

 氷見が清水裕翔(3年)のミドルシュートで先制すると、間髪入れずに北陸は鍋島聖弥(3年)の連続得点で逆転。「前半は調子がよく、チームを引っ張れた」と話すU-19日本代表のセンター・安平光佑軸(3年)を軸に、窪田礼央(3年)、清水が発想力溢れるオフェンスで得点を積み上げる。一方の北陸は鍋島、治田大成(3年)の両ウィングプレーヤーを中心に応戦。両者一歩も譲らず、激しいリードチェンジが続く。

 16-16で迎えた前半残り5分、氷見は連続速攻などでたたみかけて4点のリードをを奪い、20-16で前半を折り返す。

 後半に入ると、個の力で勝る氷見は相手のミスに乗じて速攻を仕掛け、徐々に点差を広げ始める。

 さらに「キーパーの1年生が頑張ってくれて、速攻で攻められて点差が開いたので良かった」と安平が勝因の一つに挙げた1年生GK・紅出勘太郎の好セーブや、「センバツ以降、彼の下半身や股関節の強さを、ポストプレーヤーとして生かしたら、さらに広がると思ってトライし続けてきた」八木泰陸(3年)のポスト起用が的中。氷見が点差以上の内容で圧倒して37-30で勝利した。

 絶対的な本命という前評判通り、決勝に駒を進めた氷見。しかし難しいのは勝つことよりも、勝ち続けることだ。その強者にしか背負えない命題を、氷見はコート内外の総合力で跳ね返した。

「苦しい時間帯が続くと思っていたが、1本ずつ辛抱して、うちのリズムを作り、最後まで仕上げることができたのが勝因」と徳前監督。

1 2

山田 智子

愛知県名古屋市生まれ。公益財団法人日本サッカー協会に勤務し、2011 FIFA女子ワールドカップにも帯同。その後、フリーランスのスポーツライターに転身し、東海地方を中心に、サッカー、バスケットボール、フィギュアスケートなどを題材にしたインタビュー記事の執筆を行う。

DAZN(ダゾーン)|スポーツを観よう! ライブも見逃した試合も いつでも、どこでも
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
SPORTS JAPAN GATHER: スポーツメディア ギャザー