[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

  • HOME
  • 進路選択
  • 「スキーも仕事も同じ」― 皆川賢太郎が排除する不純物とは

「スキーも仕事も同じ」― 皆川賢太郎が排除する不純物とは

アルペンスキーの第一人者として長年活躍した皆川賢太郎。2002年のソルトレイクシティ五輪後、大ケガに見舞われながらも見事に復活して2006年のトリノ五輪では4位の好成績を収めている。

20160812_minagawa

アルペンスキーの第一人者、皆川の流儀

 不純物を取り除く。

 アルペンスキーの第一人者として長年活躍した皆川賢太郎。2002年のソルトレイクシティ五輪後、大ケガに見舞われながらも見事に復活して2006年のトリノ五輪では4位の好成績を収めている。日本人選手のアルペン競技入賞は実に50年ぶりの快挙であった。

 復活を遂げた理由を尋ねると、彼はこう語ったものだった。

「一つは『プライドを捨てる』ということかもしれませんね。プライドって、都合の良いものでもあると思うんです。自分では凄く大切にしているものであっても、実はいらないもの、自分を邪魔しているものだったりする。

 プライドがあると、カッコつけ出すことになりかねない。取り組み方、目的意識、ロジック。1日の24時間をどう使って、どう表現していくか。僕はミッションを成功させるための本質的にやるべきことだけを考えていたので(プライドは)必要なかった。そうすることで取り組む本質の純度も増していったのかな、と思います」

 プライドは不純物という感覚が彼にはある。タイムを上げるため、競技を極めていくには「第一人者」という肩書すら必要がないことなのかもしれない。

1 2 3
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
SPORTS JAPAN GATHER: スポーツメディア ギャザー