[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

世界を転戦する異色のセーラー 20歳高橋レオが描く“東京五輪経由アメリカズカップ制覇”

高橋レオ【写真:Getty Images】
高橋レオ【写真:Getty Images】

静岡県出身の20歳、ニュージーランド人の父の影響で9歳からヨットに乗る

 世界の海を転戦しながら、東京五輪を目指す異色のセーラーがいる。セーリングの男子49er級でペアの小泉維吹と来夏の東京五輪を目指す高橋レオ(オークランド大)。今年2月に始まった双胴船で競うセーリングの国別対抗戦、セール・グランプリ(GP、全5戦)で日本チームの一員として参戦。「毎日レベルアップしているのを感じる。このチャンスを生かしていきたい」と、世界を舞台に腕を磨いている。

【特集】「日本全体にインパクトを」 代表主将が見据える日本ラグビー界の未来 / ラグビー リーチ・マイケル選手(GROWINGへ)

 静岡県出身で身長192センチと恵まれた体格を誇る20歳。プロセーラーとして伝統の国際ヨットレース「アメリカズカップ」に出場したニュージーランド人の父の影響で9歳からヨットに乗り始め、17歳で日本セーリング連盟のナショナルチーム入りを果たした。昨年9月に東京五輪会場の江の島で行われたワールドカップに49er級で出場するなど五輪代表候補に挙がっている。

「オリンピックに出るのがずっと夢だった」という高橋がセールGPに参加した一番の理由は、憧れの五輪メダリストコンビがいたからだ。日本チームでCEO兼スキッパー(艇長)を務めるのは、49er級のオーストラリア代表として2012年のロンドン五輪で金メダル、16年のリオ五輪で銀メダルを獲得したネイサン・アウタリッジ。アウタリッジとのペアで五輪メダルを獲得したイアン・ジェンセンもおり、二人は最高のお手本と言える。

「ネイサンとイアンと一緒に乗りたかった。49er級と並んでセーラーとしてレベルアップしたいと思った」と目を輝かせる。レース前の練習では船を操縦する機会も与えられ、刺激溢れる日々を送っている。

1 2 3
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
FIBAバスケットボールワールドカップ2019 日本代表戦・全試合ライブ中継
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集